レクサス新型「RX350h」ついに発表! 燃費が意外!

予定通り、2023年7月27日、新型レクサス「RX」の中核モデルとなる「RX350h」("version.L"のみ)が発表となりました。
あわせて2024年モデルへと進化、初年度モデルで多くのユーザーから要望があった Dレンジ時のアンビエントライトが暗い問題が解決となりました。

20230727_01_01_s.jpg

https://global.toyota/jp/newsroom/lexus/39554943.html
(*トヨタグローバルニュースルーム 「LEXUS、「RX」に2.5Lハイブリッドシステム搭載の「RX350h」を日本国内に追加導入するとともに、一部改良を実施」より)

新設定の「RX350h」でまず気になるのはなんといっても燃費。
NXと同じパワートレーンを搭載しますが、駆動用バッテリーは「NX」がリチウムイオン電池に対し、RX350hでは、バイポーラ型のニッケル水素電池を使用しているところが大きな違いしょうか。

20230727_01_07_s.jpg


公表されているWLTCモード燃費の数値を比較すると次の通り。

th_スクリーンショット 2023-07-28 0.32.40.jpg

なんと、「郊外モード」においては、「NX」と「RX」の差がありません
参考に一番下にNXとRXの車両重量を掲載していますが、約180kg〜190kgも「RX」の方が重いにも関わらず燃費が変わらないのは凄い!


しかし、「市街地走行」ではそれなりに燃費の差(2km/L程度)がつくようです。
それにしても、WLTCモードの郊外燃費でリッター20kmを超えるとは・・・!
通勤でほどほどの交通量があるバイパス等をメインに使用される方は、かなり経済的かもしれません。


その他、改良内容はニューリリースの通りで、納車待ちがまだ多数いらっしゃる(特にRX500h/RX350)ため、改良内容は最小限となっています。
先進装備には、納期を短縮するための「レスオプション」が加わっており、特に「ITS Connect」に関しては 居住地域によっては必要性を感じることは少ないため、レスオプションは嬉しいかもしれません。(浮いた金額で、「輻射ヒーター」を付けることができますし)

th_D8D4D921-35EF-4C30-80C7-307B04FD98AF_1_105_c.jpg

なお、多くのユーザーから要望がされたと思われる「アンビエントライト」が減光しすぎる点に関しては、ついに改善されましたが、「OTA」によるアップデートについて触れていないので、新型NXと同様、すでに納車済の車両(2023年モデル)には不適用のようですね。ほんとはこういうのをOTA対応されるのを皆さん臨んでいると思うのですが・・・

それにしても、フロントドアポケットの照明は点灯しているかどうかわからないほど減光処理されていたので、果たしてどうなったか楽しみです。

th_95D8BD14-F5E4-426C-A986-95A9B7A6DA09_1_105_c.jpg


一方、ディーラーオプションでも若干の違いが出ています。

待望のホイールロックボルト(&ハブボルトセット)が登場!
発売は「2023年9月」となっていますが、レクサスLCや他車種では「すでに発売されているのでは」、との噂もあります。
このあたりは近日中に確認することといたします。

th_スクリーンショット 2023-07-28 0.05.19.jpg

また、「RX500h ”F SPORT Performance"」のメーカーオプションホイール(110,000円)が、ディーラーオプションとして登場。
価格は「399,300円」。さらにここから交換工賃も2.5万円前後はかかるので、結構コスト高です。
しかももともと設定されていた、DOPアルミホイール(タイプB)よりも0.5kg重いのでどれだけの方が選択されるかは未知数です。

th_スクリーンショット 2023-07-28 0.05.19.jpg

ニュースリリースには記載されていませんが、ステアリングフィール、乗り心地の進化など、目に見えない部分のファインチューニングはきっと行われているでしょうが、今回の新型RX(2024年モデル)の改良内容はとてもシンプルで実質的な年次改良は来年度に持ち越し、というイメージですね。

なお、新型「RXシリーズ」は「NX」と比べても納車済の台数はかなり少ないので、2024年モデルがどれぐらい進化しているかを比較・体感するのは難しそうですが、新設定された「RX350h」の市場での評判も楽しみですし、そしてオーダー再開が待たれる「RX500h」と「RX350」の早期オーダー再開を祈念したいと思います。

この記事へのコメント

  • NX乗り

    OTAに関しては、ユーザーは過度に期待しすぎですよね。
    ユーザーが望む改善はOTAで基本殆どされないでしょう。
    あくまで不具合を持ち込みせずに治せるってだけで、改善点についてはやれるとしてもやらないでしょうね。
    改善したきゃ新しいモデルを買えって事でしょうから。
    OTAで改善なんてしたら結果長く乗る様になって、メーカーにはマイナスでしかないから、改善出来るとか言うだけ言って基本何もしないので必然。
    なので当初からOTAで改善に関する部分は何か変わるとは思っていません。
    2023年07月28日 12:51
  • だいず

    NXの経緯から覚悟はしていましたが、アンビエントライト減光廃止にはおそらくハードウェアの換装が必要そうで、年次改良を待たずにサイレント改良されなかったことが残念でなりません。
    以前のように契約時期を選べる状態ではありませんので。。。

    私のDではRX350契約待ちの方に350hなら契約できます、と案内しても価格差、Fスポ人気、重量増によるパワーの懸念から変更はほぼいないそうです。
    現在、希少?な350Lに乗っており、試乗車が配備されたらNX350hと合わせて動力性能を比較したいと思っています。
    市街地モードの燃費低下は、快適性を優先して発進時のモーターアシストを強めた結果なのか、はたまた重量増でもたつくのか、気になります。
    2023年07月28日 13:10
  • かずぽん

    やっと本日NXなどのOTAアップデートが配信されましたね。
    https://lexus.jp/total_care/maintenance/update/
    しかし一昨年の発売当初から押しにくいと言われていたXボタンを左から右に移動させるのに1年半以上の歳月を歳月を費やすとは。改善点は他にも有りますがこの程度の改善にこれほどの時間を要するとは時間が掛かりすぎです。
    これではほんとに海外メーカーとの競争に負けてしまいそうで心配になります。
    2023年07月28日 18:43
  • なまっくす


    to かずぽんさん

    いや〜
    なんとかお盆に間に合ってよかったですが、ようやくですね!
    他にもHDMI端子が使用できるようになるなどのサイレントアップデートも行われているようですが、せっかくなのでしっかりアナウンスしてほしいですね。初回車検までにどれだけアップデートが行われるのか・・・見守りたいです!


    >やっと本日NXなどのOTAアップデートが配信されましたね。
    >https://lexus.jp/total_care/maintenance/update/
    >しかし一昨年の発売当初から押しにくいと言われていたXボタンを左から右に移動させるのに1年半以上の歳月を歳月を費やすとは。改善点は他にも有りますがこの程度の改善にこれほどの時間を要するとは時間が掛かりすぎです。
    >これではほんとに海外メーカーとの競争に負けてしまいそうで心配になります。
    2023年07月31日 00:31
  • なまっくす

    to だいずさん

    アンビエントライトの減光制御、NXの対応が速すぎたということなのでしょうね。(RXでもよく今回対応してくれたと思っています)
    でもこういうのがハードウェアに依存しているのは意外でした。ソフトウェアでできそうなものですが、そもそもそういう設計になっていないのは、いかにも自動車メーカーらしいと思います。
    RX350h、試乗車が配備されたらぜひNXとの違いやRX350との動力性能、静粛性の違いなど体感したいですね!価格差を埋め合わせるほどの魅力があることに期待したいところです。


    >NXの経緯から覚悟はしていましたが、アンビエントライト減光廃止にはおそらくハードウェアの換装が必要そうで、年次改良を待たずにサイレント改良されなかったことが残念でなりません。
    >以前のように契約時期を選べる状態ではありませんので。。。
    >
    >私のDではRX350契約待ちの方に350hなら契約できます、と案内しても価格差、Fスポ人気、重量増によるパワーの懸念から変更はほぼいないそうです。
    >現在、希少?な350Lに乗っており、試乗車が配備されたらNX350hと合わせて動力性能を比較したいと思っています。
    >市街地モードの燃費低下は、快適性を優先して発進時のモーターアシストを強めた結果なのか、はたまた重量増でもたつくのか、気になります。
    2023年07月31日 00:35

この記事へのトラックバック