新型レクサス「NX」と新型「LX」先進装備部分を推定比較してみた

さて、新型レクサス「LX」の興奮も一段落したところでしょうか?
早速一部の販売店でには「LX」の日本市場版の商品概要が届いているという噂も出てきていますが、新世代レクサス第1弾として登場した、「NX」と第2弾として登場予定の「LX」の「先進装備系」ついて、使用用途は違いますが同じ「SUV」カテゴリの中でどういった部分が違っているのか非常に気になりましたので、ニュースリリースから分かる範囲で比較表を作成してみました。

----------------------------------------------------------

■NX・LX先進装備等一覧表(推定)

th_スクリーンショット 2021-10-17 10.38.31.jpg


トヨタグローバルニュースルームのリリース等をもとに当方作成
※クリックで拡大表示します。

----------------------------------------------------------


注目点は、先に発表・発売予定の「NX」のほうが先進的な装備が多いということ。
特に、「Lexus Safety System+」に関しては、NXが新世代の「ver3.0」、LXが現行世代の「ver.2.5」というところはトピックスです。
(日本のレクサス車においてはバージョン表記はありませんが、北米においては全車種、セーフティシステムのバージョン表記が公開されています)

▼A FLAGSHIP SUV IS BORN: INTRODUCING THE ALL-NEW 2022 LEXUS LX 600
https://pressroom.lexus.com/a-flagship-suv-is-born-introducing-the-all-new-2022-lexus-lx-600/

The 2022 LX comes standard with Lexus Safety System+ 2.5, which brings a suite of key active safety features to the vehicle.

LX_Ultra_Luxury_2-1500x844.jpg
レクサス北米 ニュースリリースサイトから引用

これは、「LX」が「ランドクルーザー(300系)」と共通設計の部分があることと、開発自体がNXより先行して行われていたなどが推測されますが、「Lexus Safety System+3.0」で追加された装備は主に、都市部走行や高速走行時の仕組みが中心であると考えると、「LX」のセーフティシステムが「ver3.0」ではないことにはそれほど大きな問題はないと思います。
なお、「LX」にはオンラインアップデートの「OTA」が備わっているようですので、「Lexus Safety System+2.5」が「OTA」で機能アップできるのかどうかという点は注目点と思います。

こうやってあらためて見てみると、レクサス「NX」の先進性には期待が高まります。
プリクラッシュブレーキの動作速度域が時速「5km/h〜」対応していることや、レーンディパーチャーアラートの検知対応に「縁石やガードレール」も対応していること、ブラインドスポットモニターのセンサーを活用した「安心降車アシスト」は日々の運転に大いに役立つと思います。

次期「RX」はこの「NX」と「LX」のいいところどりの装備が備わる・・・と考えると期待がさらにたかまるところですが、まずは「NX」で採用される新世代の装備のトヨタブランドへの展開も気になるところです。



この記事へのコメント

  • かずぽん

    NX・LX先進装備等一覧表は大変良くまとまっていて参考になります。
    NXは今回ADAS関連のベンダーも東芝・デンソーからモバイルアイ・ZFに全面刷新されているとの事ですので果たしてどの様に違うのか早く試してみたいと思っています。また車内のネットワークも従来のCANBUSからEthernetに刷新されているらしいのでその効果がどれだけあるのか期待しています。(乗ってみても分からないとは思いますが)
    ただ今回のLexus Safety System+3.0についてはまだ殆どその詳細が明らかにされていないので今後の情報に期待しています。
    2021年10月17日 20:21
  • なまっくす

    to まむまむさん

    情報ありがとうございます!
    新型LX、ついに公道解禁なんですね。発売が意外に近いことを感じさせられますね。うーん、CGよりずっといい感じがします!
    2021年10月19日 20:57