ついに登場、新型レクサスLX! 待望の”F SPORT”も設定?

2021年10月14日午前1時30分、予告通り、新世代レクサスの第2弾、新型「LX」が公開されました!

https://global.toyota/jp/newsroom/lexus/36143482.html

堂々たるインパクトのあるフレームレスの「新スピンドルグリル」が印象的です!

----------------------------------------------------------
【YouTube】Introducing the 2022 Lexus LX 600 / Lexus Enthusiast



-------------------------------------------------

佐藤プレジデントの堂々たる前解説が印象的!(公式プレスカンファレンス)必見です!

----------------------------------------------------------
【YouTube】The New LX WORLD PREMIERE / レクサス公式



----------------------------------------------------------

日本では、ドラヨスさん(ワン速Tube)が最速レビューでブログを公開されています。もはや公式メディア!

▼新型レクサスLXフルモデルチェンジが凄すぎる!! 悩ましいEXECUTIVEとOFF ROADの選択、ランクルとの違いは? | LEXUS LX600 2022

https://wansoku.com/blog-entry-3182.html


さて、今回のレクサス「LX」では、待望の「F SPORT」も設定! (レクサスJPでは未公開、日本投入は未定なのか?)グリルがお馴染みのメッシュタイプなので、既視感(安定感)ありますね。

----------------------------------------------------------
【YouTube動画】 The 2022 Lexus LX 600 F SPORT  / Lexus Enthusiast



----------------------------------------------------------

”F SPORT”には下の専用装備がある模様

・22インチ鍛造アルミホイール
・前後パフォーマンスダンパー
・フレアレッドのインテリア
・トルセンLSD & リヤスタビライザー
・専用チューンドサスペンション(AVS)
・LEXUSロゴ入り対向ブレーキキャリパー(これは他のグレードも共通?)


その他、詳細はニュースリリースの通りですので詳細は公式サイトでじっくりチェックですね!

https://global.toyota/jp/newsroom/lexus/36143482.html


・パワートレーンはランクル300系と同様V6ツインターボ(V35A-FTS)+10速AT。スペックは最高出力305kW(415PS)、最大トルク650N・mと、ランクル300系と同等であり、ネーミングがなぜ「LX600」なのかは未だに疑問(←しつこい)、日本市場ではディーゼル仕様(LX500d)の投入はない模様。

・ランクル300系で見送られた車高調整機能「アクティブハイトコントロール(AHC)」採用

・ランクル300系では不採用の「本杢系インテリアパネル」採用

・ランクル300系では不採用の「アンビエントイルミネーション」採用

・レクサス初、ルーフに「アルミニウム」素材採用

・マークレビンソンリファレンスサラウンドはレクサス最多の「25スピーカー」採用

・VIPグレード(EXECUTIVE)の新設定、豪華な4座で、「LS」の需要も取り込む?

・リヤ席に「電動オットマン」、リヤエンターテインメントシステムの設定あり(EXECUTIVEのみ?)

・メインディスプレイは「12.3インチ」、サブディスプレイ「7インチ」のツインタッチディスプレイ採用。サブディスプレイには、マルチテレインモニターやアンダーフロアビューを投影可能。

・新型NXほどの新マルチメディア機能はない模様(OTA機能はあり)

・スピードメーター表示はレクサスLS(2021年MC版)や新型NXと同等レベルか?

・「e-ラッチ」(安全降車システム)等の新型NXで採用される新機能の採用はなし。

----------------------------------------------------------
【YouTube動画】 Inside the 2022 Lexus LX 600 Ultra Luxury / LexusEnthusiast



----------------------------------------------------------


残念な点としては、ニュースリリースをざっと見る限りは、新型レクサス「NX」で採用される「Lexus Safety System+3.0」が採用されず、「Lexus Safety System+2.5」相当にとどまるということです。
いわゆる「ランドクルーザー300系とほぼ同等」と考えてよいかと思います。NXの「Lexus Safety System+3.0」で追加された機能の大部分は「都市部走行」での運転補助ですので、「LX」の使用用途を考えればの点はやむを得ないところでしょうか。

日本専用グレードとなる“OFFROAD”を新たに設定とのことで、(ランクル300系の「GR-S」のようなもの?)の設定もあるようですし、”F SPORT”の設定含め、日本仕様がどうなるかとても楽しみですね!

噂どおり設定された「VIP」グレード(日本では”EXECUTIVE”)の設定など、新型ランドクルーザー300系の「ZX」グレードを予約済の多数の方の食指が動くデザイン、質感、クオリティを保っているか楽しみです。

この記事へのコメント

  • LC コンバーチブル

    遂に出ましたね!
    個人的見解としては、ノーマルであれば現行のLX 570の方が圧倒的に好きですが、
    日本に導入されるか不明のFスポであれば、なかなか良いと思いました。
    ランクルのGRスポーツの方が無骨さのかっこよさ、リセールなども良いでしょうし売れるでしょうね(安いですし)。
    LX600のネーミングについては、出力がLS500よりも低いのに600と名乗ってるのは私もおかしいと思います。
    しかし、これは今に始まったことではなくて、LX570でもサバ読んでますし、LC500と LC500hで総出力100馬力も異なるのに同じ数値を付けてるところからも、レクサスは適当に付けてるんだと思います。
    レクサスの残念ポイントの一つですね。
    2021年10月14日 12:56
  • うめきち

    LX600
    本当に違和感ありまくりです
    ランクルよりも高くなってエンジンは同じとなれば、その差額をどうやって消費者やユーザーを説得説明するんでしょうね

    しかし、これでどうなるんでしょうかね
    LC500のマイナーチェンジ後のエンジン

    IS500かISF

    買えないけどエンジンに関してはガッカリしました
    期待していただけに
    2021年10月14日 19:36
  • なまっくす

    to LC コンバーチブルさん

    F SPORT、ぜひ日本でも(少し遅れても良いので)発表してほしいですよね!
    ネーミングに関しては様々な意見が飛び交っていますが、以前と違い単なる排気量ベースということではなく、そのクルマにあった「イメージ」のようなものなのかな、と一晩考えて解釈しました。
    ベースとなるのは「LX570」ですので、単純にそれと比べて新エンジンはどれぐらいのパワー感があるか。その結果「LX600」になったと。
    仮に現行LXが「LX470」だったとすると「おそらくLX500」というネーミングになったのだろうと・・・
    2021年10月14日 22:51
  • なまっくす

    to うめきちさん

    私も、「V8 4.0Lツインターボ」(デチューン版)を投入!と僅かな希望をもっていただけに・・・
    そうすれば、その先の「F」モデルやLC500のMC版などの未来が開けたと思うのですが・・・・
    2021年10月14日 22:53
  • LCコンバーチブル

    ランクル300に対してLX600って流石におかしいでよね。
    僕が昔から考えていたのは、総出力ベースにするのは如何ですか?
    LC500→500
    LC500h→400
    LS500→450
    LS500h→400
    LX600→450、、、、

    といった具合が最も明確で、誰も文句言わないと思います。
    2021年10月15日 07:49
  • LCコンバーチブル

    ネーミングの続きです。

    450h→350
    350→300
    300h→250
    300(200t)→250
    250h→200
    200h→150

    以上のような感じがベストだと思います。
    2021年10月15日 13:39
  • でかつう

    いつも楽しく拝見しています。
    LX600の600の件、私も参加させていただきます。
    北米の2022年モデルのタンドラがパワートレインが2種類出るとプレスリリースされています。
    ① I-FORCE 3.5Lツインターボ 389馬力/トルク479ポンドフィート

    ② I-FORCE MAX 3.5Lツインターボハイブリッド 437馬力/トルク583ポンドフィート
    ①②どちらもガソリン車。
    479⇒500/583⇒600の表記でLX500d/LX600ではないでしょうか。
    dのアルファベットはディーゼルエンジン(軽油)、これから消えゆくかもしれないエンジン。
    hのアルファベットが無いのは、ハイブリッド及びガソリンエンジンは同一とみなされてしまうのでトルクをポンド表示しただけかも。
    次世代のレクサスは、LXのフラッグシップからトルク・ポンドの数字で登場かもしれません。いかがでしょうか・・・。

    当方、LC500とRX200tを下取でRC300の納車待ち。
    納期が延長され12月予定で、気長に待っている状況です。
    2021年10月15日 14:17
  • ごっつ

    既にセールスには新型LXのプロダクトガイドが回っているようですがその中にはFスポーツの設定はなくエンジンもLX600(3.5リッターターボエンジン415PS)の設定のみのようですね。11月に実車研修もあるようですのでFスポなど追加あるか詳しく聞いてきてほしいですね。
    2021年10月16日 14:26
  • なまっくす

    to LCコンバーチブルさん

    私も似たような意見ですが、最近はトルク重視になってきている感もあるので、さまざまな意見が社内であったのでしょうね・・・
    結局は「そのクルマの前モデルよりも力強くなったかどうか」という感覚的な数値になっていくようで、数字だけを比べても横の比較ができないのが残念ですよね。
    この点はメディアの方のインタビューを待ちたいと思います。
    2021年10月17日 11:18
  • なまっくす

    to でかつうさん

    LX600のネーミング、各地でいろんな考えが出てきているのは興味深いですね!(賛成ってのはほとんど見ませんが・・・)

    タンドラの「i-Force Max」ならばLX600でも納得、これからは「h」なし表記というのも時代の流れかと思っていたのですが、まさかのランクル300と同じ V35A-FTSそのままとは(もちろんチューニングはことなるのでしょうけど・・・)
    新世代レクサスのネーミングがモデルチェンジ毎にインフレしていかなないか心配です(笑)

    RCの件ですが、どんどん伸びているようですが、部品の生産目処がいっきに回復傾向にあるようなので、もうしばらくの辛抱ですね!
    2021年10月17日 11:22