Airtag(エアタグ)はクルマの盗難や位置検証に使えるのか?(1)

先日発売された、Apple社の「Airtag
「紛失防止タグ」の一種であり、鍵や財布につけておくことで、手元のiPhoneでAirtagの場所を探しやすくするものですが、クルマ好きの方では愛車の盗難防止やセキュリティ強化にも使えないかと話題になっていました。

当方もかねてから紛失防止タグ「Mamorio」は使用していて関心がありましたので、少し多めですが2セット(8個)購入してみました。

th_slsJWC5XRAqQ8BEYAbXTwQ_thumb_6a61.jpg


大きさは「碁石」程度で、レクサスの純正スマートキーと比べても小さいですが、厚みは「約8mm」と結構あります。
電池は、レクサスのスマートキーにも仕様されている「CR2032」ですので、バッテリー交換が容易なのは嬉しいところ。
レクサスコレクションでスマートキーやカードキーケースにこの「Airtag」を入れるスペースのついたおしゃれな専用ケースを出してほしいなぁ・・・

th_WXmmDQx1SiaqmRZt2Bq8zw_thumb_6a62.jpg


ペアリングをすませて、早速クルマに仕込ませてみます。

th_IMG_2601.jpg

盗難防止という意味では、わからないところ(センターコンソール内部など、分解に一定程度時間がかかるところが望ましい。電池交換は面倒ですが・・・)に隠すのが良いと思いますが、今回は実験のため普通に小物入れに置きました(笑)
これだと、盗難犯にすぐバレますね・・・

th_W7RlWHTUTaaVD95b%4xUdg_thumb_6a5c.jpg

さて、クルマから離れて「Airtag」の場所を確認すると、GPSやスマートフォンの電波が届かないマンション内のタワーパーキングであってもしっかり認識しています。これは最後にiPhoneとの接続を確認した場所を記憶しているんでしょうね。

th_dC8j6YIjQKCHKBrsX8qWgA_thumb_6a5e.jpg


この時点でiPhoneから「探す」アプリを実行しても、当然ながら、Airtagは検知しません。

th_S9ovmiSSSaiwwJ55NRHWQg_thumb_6a5d.jpg


再び駐車場に戻ります。

th_HMKPH9yGT1O+jaBVX+ftNw_thumb_6a63.jpg


扉の向こう側にクルマがあるので、「探す」アプリを実行したところ、約「6.5m」という表示がでました。扉の向こうにクルマがいるとわかってもなんだか嬉しい。

th_4fc9%ZmTTTKkVLJE54y7CA_thumb_6a5f.jpg


クルマに近づくとより正確な表示が!
超広帯域チップ(UWB/Ultra Wideband chip for spatial awareness)に対応したiPhone12だと、具体的な方向もわかるのはすごい!
プリウスやアルファードなど売れ筋のクルマを保有されている方は、巨大な商業施設やアウトレットモールなどの駐車の際、目印になってかなり便利だと思います。

th_p8kRT9clTi+S11WdFNHV7g_thumb_6a60.jpg

さて、クルマの「位置」を調べるには非常に有効であることがわかりましたが、「盗難防止」という点ではどうでしょうか。
非常に気になるのは公式サイトにも出ている次の点です

th_スクリーンショット 2021-05-03 10.16.18.jpg

つまり・・・
「見知らぬAirTagがあると、自分のiPhoneに通知が来る」
「AirTagは持ち主のiPhoneから離れた後、一定時間(*)経過後に移動したら音が鳴る」

(*)一定時間経過後・・・というのは、「3日間」という話もありますが、ぜひ設定で変更できるようにしてほしいところです。


AirTagは「見つける」(見つかる)ためにあるので、その存在を知られないように「こっそり仕込む」仕様にはなっていないということなので、しょうがありませんね。しかし、クルマの場合は、内装のかなり奥深く(ナビゲーションシステム裏やセンターコンソールを分解した奥深くなど)など、設置場所がわからないところに設置することが可能ですので、盗難防止の抑止力が一定程度働くのではと思います。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_24ee.jpg

なにせ、窃盗団も、クルマのどこかに「AirTag」があることはわかっても、それを取り除くのに時間がかかると、盗難を諦めることに繋がることも期待できるかもしれません。Airtagを捜索している間に、本来のクルマの持ち主(オーナー)はおおよそクルマの所在場所を検知できますので、「このクルマにはあAirtag」が内蔵されていますというようなステッカーでも抑止力につながるかもしれません。

とはいえ、まだ実際、3日間以上経過していないので、今後「使えるか」試してみたいと思います。


<追記>

タワーパーキングに駐車して、当方はまったく近づいていないのに「16:00頃」に検出反応が・・・?
AirTagの検知範囲内にiPhoneを所持した誰かがタワーパーキング内に入ったのでしょうか・・・

th_vfXsccztTQW6piJkNJnvfw_thumb_6a65.jpg

この記事へのコメント

  • 鋼太郎

    犯罪する側からも悪用されないよう、凄く考えられているみたいですね。

    ただ、特にレクサスは人気車種も多く、防犯に使いたいという気持ちは当然です。仰るように音が出るまで、付近のiPhoneユーザーに通知が行くまでの時間がキモでしょうけど、これまた仕様の公開・さじ加減によっては犯罪に使われかねませんので期待しない方が良いかも…。

    難しければ普通にGPSトラッカーの方が良いかも知れません。
    2021年05月03日 13:24
  • ななし

    こんにちは、昨晩AirTagの検証をしたので参考にしていただければ幸いです。
    最後の方にAirTagの致命的な点を書いているので承認するか否かはご判断にお任せ致します。

    状況:静岡県の田舎、20時頃 交通量の多い市街地~バイパス~市街地 約20キロ。友人の車にAirTagを乗せ(友人はiPhoneユーザーでBluetoothオフ設定)走行。常に前後に他車が居る状況。

    結論から言うとAirTagは期待通りの機能はしませんでした。
    20キロ中6回ほど測位しましたが、リアルタイムに測位するわけではないのでGPSトラッカー並の追跡は難しいと感じました。
    他車との距離も重要で、私の別の検証では紛失モードにしたAirTagが他iPhoneのBluetoothを拾う距離は約3~5mでした。車やバイクでは車間距離もある為、他iPhoneから検知される事も難しいと思います。
    iPhoneユーザーがAirTagを持って移動しても、Bluetoothをオフにしていたら測位する事はできませんでした。

    しかしなまっくすさんが仰るように、窃盗犯がiPhoneユーザーであった場合AirTagがついていると通知が来るのは抑止になりうると考えます。私が窃盗犯の立場だったら、AirTagがついているからちょっと嫌な気分になりますし、どこで測位されるか分からないから不安になります。AirTagが見つかりにくい場所であれば猶更です。
    仮にiPhoneユーザーで無ければ窃盗後にどこかの駐車場に放置されたら、紛失モードで見つかる可能性がありますし。
    残念ながら、例えば道路から距離があるヤードの中や、山中に車両を放置されたらAirTagで追うのは難しいと考えます。

    以上長文ですが検証結果を報告します。
    2021年05月04日 13:43
  • なまっくす

    to 鋼太郎さん

    たしかにAirTag、あくまでも忘れ物防止タグですから、盗難防止グッズとしての過剰な期待は禁物ですね。ただ、メジャーな製品ということで、なんらかの抑止力はあるのかなぁと思っています。引き続き動作確認してみたいと思います。
    2021年05月05日 22:22
  • なまっくす

    to ななしさん

    詳細レポートありがとうございます。
    なるほど、リアルタイムでの測位が難しいようですね。当方も数日使用してみたところ同様の感想を持っています。

    あと、Bluetoothを常時オフにしている方もいらっしゃるでしょうから過剰な期待は禁物ですね。AitTagがインストールされているるだけで抑止力になればいいのですが・・・
    2021年05月05日 22:26
  • もっちー

    airtagなんか、おしー感じですね。アップルは車の盗難向けの派生商品を追加で出してくるかもしれませんね。
    ご存知かと思いますが、ココセコムは3月に新サービスが出て、車盗難向けにはかなり良くなったように思えます。契約変更してオプション加入すると今までの月900円から2000円にアップで端末を入れる車用箱と専用タグ買うと17000円の機材追加ですが、本体はレンタルで契約変更料3000円は今はなしって感じです。
    2021年05月11日 18:48
  • なまっくす

    to もっちーさん

    セキュリティとしてのAirTagはかなり活用が見込めそうですから確かにそれに特化した製品がでてくるかもしれませんね。また続報レポート予定ですが、現行仕様だと、セキュリティの代用にはなりませんね・・・
    しかし「牽制」にはなるかと思うので、今後AirTagのアプリのカスタマイズができるようになったり、さらなる小型化や派生モデルの登場にも期待したいです。
    2021年05月13日 12:15