2020年振り返り〜勝手にレクサス関係10大トピックス!

いよいよ2020年も最終日、本年もブログを閲覧いただきありがとうございました。
誰もが予想しないような1年となりましたが、最後は(ありがちではありますが)、私的なレクサス関係10大ニュースで締めくくらせていただきたいと思います。


■レクサス「IS」熟成のマイナーチェンジ

一時は、GSとともに「このままモデル収束では?」とも噂されていましたが、期待以上の好デザインで2020年11月にマイナーチェンジ。
念願の電動パーキングブレーキ&ブレーキホールド採用&最新の「Lexus Safety System+(2.5)」を搭載する一方、既存プラットフォーム・パワートレーンを熟成させ、「選択と集中」による限られたコストでフルモデルチェンジ並みの改良にもかかわらず、価格据え置きで登場。外観デザインと大幅に進化した走行性能を中心にFRセダンとしての根強い人気を示しています。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_672e.jpg


■レクサス「LC」コンバーチブルの発売

LC発売時から待望されていた、ソフトトップを採用したコンバーチブルが2020年6月に新設定、プレミアムブランドとしての意地を見せました。
日本のみならず、海外での評判もすこぶる高く、発売依頼、継続的に納車が半年を超過する人気を博しています。また、同時に登場した特別仕様車「Stractural Blue」は圧倒的な高倍率で完売。ベースの「LCクーペ」もマイナーチェンジ並の改良が施され、同じく70台が早期完売した特別仕様車「AVIATION」に続き、LCは毎年独特な特別仕様車を設定していますので、2021年度もLC特別仕様車の登場が期待されます。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6487.jpg


■レクサス「LS」早々のマイナーチェンジで王道路線への回帰

2017年10月にフルモデルチェンジしたフラッグシップセダン「LS」がちょうど3年でマイナーチェンジを敢行。
3年半〜4年でのモデルチェンジが定番となっていたレクサスでは異例の速さの改良で、課題であった乗り心地、静粛性の改善など、「これぞLS!」といった称賛の声も聞かれる一方、先進性の面では特に見るべきところがなく、2021年へと先送りされた「Advanced Drive」がどれだけ期待以上の仕上りなのか不安と期待でいっぱいですが、これでようやく本来のスタート地点にたったとも言えますので、ブランドの方向性を示し、今後の進化がもっとも期待される1台といえます。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_67cc.jpg


■BEV・FCVの本格投入の示唆

レクサス初となる電気自動車(BEV)「UX300e」が135台限定で発売。
そして、トヨタブランドから本格普及を目指した燃料電池車(FCV)新型MIRAIが2020年12月に登場。
いずれも今後はレクサスブランドへ本格投入が期待されますが、特にFCVの「MIRAI」に関しては、テスラ・モデル3などとはまた違った意味での「感動」が味わえる仕上り。一般道路での走行においてはフラッグシップセダン「LS」を超える存在になりえるほどで、フロントに重量物かつ振動物であるエンジンを搭載しなくなったことでこれだけ乗り味やフィーリングが異なるものかと感心させられました。
まだ見ぬ「UX300e」も従来のUX(UX250h/UX200)とは想定以上にフィーリングが異なることが想定され、多種多様なパワートレーンを準備している数少ないプレミアムブランドとしての存在が期待できます。

th_tcVfnssjRwyBgvHr4XK2Pw_thumb_686f.jpg


■「特別仕様車」の流れが加速

2020年はレクサスブランドにおいて、特別仕様車が多く発売されました。特に、人気の「UX」や「NX」には複数の特別仕様車を設定。
その他、マイナーチェンジと同時に「IS」の特別仕様車「F SPORT Mode Black」、「LC」の特別仕様車「LC500 Convertible Stracural Blue」の設定など、欧州車のようにローンチ時に「特別仕様車」を設定する手法が取り入れられました。特にIS特別仕様車は人気を博し、未だに長期の納期待ちとなっています。今後の新型車にもローンチ時の特別仕様車導入が取り入れられることが期待できます。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_672b.jpg


■電動化「DIRECT4」予告

レクサスの将来を示唆する、インホイールモーターを用いた「DIRECT4」の登場が示唆。
2021年第1四半期には、コンセプトカーの登場が予告されていますので、クロスオーバー型の完全新型車「RZ450e」の発表が期待されます。
また、レクサスES(ES300h)の追加モデルとして、DIRECT4を搭載した待望のAWD設定にも期待がかかります。

th_VHVNzhHfTha4R3Rr7lVV1g_thumb_5f8d.jpg


■レクサス、都市部で新規大規模販売店開業を加速

大阪に西日本最大規模の「レクサス大阪福島」を開業した他、東京都内では昨年開業の「レクサス浜田山」に続き、「レクサス若林」、「レクサス池上」を開業。いずれも2階建て構成の大型店舗であり、エリアのランドマーク的な存在の店舗に仕上がっています。
今後は成長著しい東京湾岸エリアに「レクサス有明」(2022年)の開業も噂されるなど、引き続き都心部を中心とした出店計画が進んでおり、都市部でのブランド向上に向けた展開が行われるようです。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_62a7.jpg


■SUVモデルへの人気がさらに加速
 
2019年にマイナーチェンジした「RX」が外装のデザインの良さとタッチパネル&スマートフォンアプリ対応で使い勝手を向上させ、2020年も好調な販売をキープ。そしてレクサスの新たな顔となった「NX」もきめ細かな年次改良を実施することで商品力を維持。エントリーモデルの「UX」もラゲージの使い勝手の向上などのユーザーの声を反映させた改良を敢行。この3モデルでレクサス全体の60%〜70%程度の販売を占めるに至っており、2021年〜2022年もレクサスのSUVモデルの攻勢が続くようです。駆動方式も今までの「FF」ベースではなく、「DIRECT4」での4輪駆動、そして「FR化」も検討されるなど、走りの質を中心として、SUVモデルの商品力も大きく向上することが予想されます。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_603e.jpg


■ウィズコロナでのサービス提供価値の変化

レクサスの良さはきめ細やかなサービスやおもてなし、ライフスタイルの提案・提供などのブランド価値にあると言われています。
しかしながら、顧客数の増加などを起因とし、東京エリアを中心に「無料洗車」が終了したほか、コロナ禍で、呈茶の提供方法変更、対面での過剰とも言えるサービスの見直しなど、ある意味レクサスの強み・特徴であった部分が失われつつあります。
今後は、商談やメンテナンスのリモート対応・できるだけ接触を少なくしてのサービス提供、新型LSで導入が先送りされた、オンラインでの車両情報アップデート(OTA)機能の付加、納車までの期間のきめ細やかな情報提供など、車両自体の差別化はもちろん、販売店を中心とした対面でのサービスのみではなく、ブランド価値のさらなる向上や体験の提供が求められるでしょう。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_642c.jpg


■レクサス「GS」/「GS F」販売停止

2005年、日本でのレクサス開業時から販売されてきた「GS」/「GSF」がかねてからの噂通り、セダン不況の影響もありついに販売停止に・・・
特に、1台限りで終了した「GSF」のマイナーチェンジ・フルモデルチェンジが行われなかったのは残念でした。
最後に「特別仕様車」の設定など、当初予定より多くのバックオーダーを抱え早期に受注停止となり、根強いFRセダンファンの多さが伺えることは喜ばしいことでした。電動化が本格化する2025年以降、姿を変え「GS」が復活ということもありえるかもしれません。期待しましょう!

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6396.jpg


2021年も引き続きのんびり更新してきたいと思います!それではよい年末を(できる限り)ステイホームで!

この記事へのコメント

  • たかゆき

    今年もあっという間の1年でしたね(^^;
    クルマの方も特にパーツなどのアップデートもせず>_<
    今年はお会いしませんでしたね~ また来年でも
    関西もしくはオフ会でお会いしましょう。
    1年ブログ更新お疲れ様です。来年もよろしくね~
    2020年12月31日 11:09
  • なまっくす

    to たかゆきさん

    2021年もよろしくおねがいします!
    リセールも考えるとそろそろ乗り換えも考えないとだめですねー
    2021年01月01日 17:55
  • 石畳

    謹賀新年
    本年もどうかよろしくお願いします。

    人気のISですが、300の評価が宜しいようで、「軽さ」と表現している
    方もちらほら。でも、車の重さをみると、350と300でほとんど同じなんで
    すが、どこからそのような違いが出るんでしょうか?
    またご教示ください。
    2021年01月02日 10:52
  • 川下裕左

    いつもレクサス情報楽しみにしています。これからも沢山のレクサス関連情報を楽しみにしています。私は1/30にIS300納車予定で今からワクワクしています。
    2021年01月02日 14:21
  • なまっくす

    to 石畳さん

    重量の件ですがたしかに新型IS300とIS350では20kgしか差がありませんね。
    この差ですが、ほぼエンジンの重量差と思われます。車両の前方に重量物があると、特にコーナリングなどの旋回時に、重さが感じられることになるのでしょう。

    レクサスISの開発主査が、ヘッドランプに「AHS」を組み込まなかった理由として、AHSを組み込むとライトが「厚く」なりデザインが損なわれる、そして、部品点数が増えて「重く」なるため不採用としたということですから、なるべく重量物は前方ではなく、車両の中央に寄せたほうがよいのでしょうね。
    2021年01月04日 22:41
  • なまっくす

    to 川下裕左さん

    コメントありがとうございます。
    また、もう少しでご納車とのこと、おめでとうございます。
    ようやく街なかでちらほら見かける程度ですが、とにかく新型ISはかっこいいので、街を美しくする効果もあるかもしれませんね!
    2021年01月04日 22:42