レクサス初のEV UX300e 発表!単なる割高EVではない?

レクサス初の電気自動車「UX300e」が予定通り 135台で2020年10月22日に発売となりました。
レクサスディーラーの数より少ない台数のため、ほとんど街なかで見かけることはないでしょうが・・・新しいもの好きな私としては気になる存在です。

th_スクリーンショット 2020-10-22 0.45.21.jpg

https://lexus.jp/models/ux300e/

価格は以下のとおり。UX300eの上級バージョン"version.L"で「635万円」、標準で「580万円」。
そして、UX200(ガソリン)からは約「152万円〜」、UX250hからは「約116万円〜」とかなりの価格差です。

今後、レクサスで派生版のEVが発売されるときは、基本的にベース車両からは「100万超」となる一つの指標ができましたね。
私的には、上級バージョンはギリギリ600万を割るぐらいの戦略的価格、標準バージョンは「550万円」を切るぐらいと期待していましたが、そんなにあまくはなかったですね・・・

th_スクリーンショット 2020-10-23 19.28.33.jpg

外装はすでに中国や欧州で発売されているものと同様、ホイールと充電ポート以外はほとんど変わりません。

th_スクリーンショット 2020-10-23 19.11.36.jpg

詳細については、ニュースリリースサイトに掲載されている「広報資料」が詳しいです。
https://global.toyota/jp/newsroom/lexus/34009601.html?padid=ag478_from_kv

内装においても変更箇所はごく少数。
「スピードメーター」の表示内容変更はパドルシフトを使用した「回生ブレーキ」切り替え機能が既存オーナーには目新しいですね。

th_スクリーンショット 2020-10-23 19.09.30.jpg

そして「シフトチェンジ」は電子化され、シフトノブもレクサスLCに近似のデザインとなったことでグッと質感が向上しています。ただし、LCのようなパンチング加工はされていません。高品質なスムースレザーは質感向上間違いなしです。

20201022_01_17_s.jpg


通常のUXと違うのは大幅にボディ剛性が強化されていることでしょう。
これによりEV走行用リチウムイオン電池とあわせ、重量が220kg〜250kgほど増量しているわけですが・・・

th_スクリーンショット 2020-10-23 19.03.21.jpg

静粛性を高めているのもポイント。
小石や水などの跳ね返り音を軽減するアンダーカバーを拡大、遮音ガラス("version.L"のみ)による風切り音低減を実施しているようですから、期待ができますね。

th_スクリーンショット 2020-10-23 19.16.55.jpg


そして、なんと「リヤブレーキ」も強化されています。(これは知りませんでした・・・)
キャリパーやローター経も大きくなっているそうですよ。

th_スクリーンショット 2020-10-23 19.01.01.jpg


後席を使用する方は「リヤシートヒーター」の追加は嬉しいですね。
これはUX250h/UX200の”version.L”でもぜひ採用して欲しいところ。

th_スクリーンショット 2020-10-23 18.58.30.jpg


そして、ラゲージは「UX250h」よりも広く、「UX200」(2021年モデル)と同様、310L相当のローデッキタイプを採用と、積載性も高めています。

th_スクリーンショット 2020-10-23 19.06.19.jpg


また、公式動画でも結構な情報量がありますので要チェックです!

----------------------------------------------------------

【動画】【UX300e】QuickGuide



商品概要がざっくりわかる、レクサスとしては珍しいタイプの簡易動画。
さりげなく、「充電カード」がお披露目されています。これが貸与されるなら結構かっこいいぞ!

th_スクリーンショット 2020-10-23 18.46.37.jpg


そういえばレクサスとしては珍しく、「マークレビンソンオーディオ」が標準装備!(約232,100円)
それだけ静粛性に自信があるということなのでしょうね!これは期待できそうです。

th_スクリーンショット 2020-10-23 18.47.38.jpg
----------------------------------------------------------


----------------------------------------------------------
【動画】UX300e Development Story



渡辺チーフエンジニアとレクサス公認インストラクター・三浦健光氏が、モータージャーナリスト・島下泰久氏のトークセッション。
見どころは、後半(10:26〜)「アクティブサウンドコントロール」(ASC)のサウンドを聞くことができます。
EVなのでエンジン音はしませんから、近未来感ある加速音が出る仕組みですが、なかなか独特のサウンドが聞けますし、あわせて静粛性が高いことが感じられますね。
まぁいわゆる電子音ですが、BMW「「i8」やポルシェ「タイカン」でもスピーカーから電子音を出しているわけなのでレクサス「UX300e」でも許されるでしょう。

----------------------------------------------------------

スペック的には平凡な「UX300e」ですが、広報資料にあるようなカタログスペックでは出てこない地道な改良や、他のブランドを超える信頼性の高さなどがありますので「Lexus Electrified」第1弾となるEVクロスオーバー」UX300eは一定の商品力はあるのではと思います。

価格の高さは気になる点ではありますが、ガソリン車、エンジン車では味わえない世界が体感できるという意味では、アーリーアダプター層にはぜひチャレンジしてみて新しい世界観を作り出しているのかチェックしていただきたいですね!

20201022_01_27.jpg

この記事へのコメント

  • うめてん

    レクサス初のEVという事とハイブリット からの乗り換えを検討していましたが、流石にUXに600万というと躊躇してしまいますね。(補助金などで実質600万切りますが…)
    充電もスタンドで急速1回1500円位ですが80分待機というのもあり気軽にできないのがネックですね。電気自動車乗ってる方見ると無料充電に並ぶ人が多いみたいで、ディーラーにカード見せたら無料充電などのサービスが欲しい所です。
    2020年10月24日 17:59
  • BEZLH

    こんばんは。

    担当セールスさんにUX300eの情報ない?って聞いてみたら、私たちもWeb見てくれって言われてるんですよ、と言われてしまいました。サイトに出ている情報がすべてのようですが、その分、いままでのレクサス車と比べると情報量が多いですね。肝心の車両重量がわかりませんが……

    東京都だと、いまのところ国の補助金とあわせて70万円くらい助成があるので、定価が100万円差くらいならなんとかなりそうですが、航続距離と充電時間というEVの壁は依然高く感じます。
    2020年10月25日 01:16
  • かずぽん

    予想はしていましたが、販売台数がたったの135台ってよほどバッテリーの生産が困難なのかトヨタが売る気が無いのか分かりませんが、これでは日本市場にアピールできそうもないですね。RAV4PHVもそうですが来年の欧州のCAFE規制に間に合わせるために国内市場は置いてきぼりの感じですね。
    また価格もテスラ モデル3のロングレンジ(AWD)の価格が655万円で満充電での走行距離が580kmという事を考えると、EVとしての性能はかなりの差をつけられてしまっています。まあテスラは車自体の出来はあまり褒められたものではないですがこの辺がもう少しまともになればトヨタも安泰ではいられなくなりそうです。来年には日産もアリアをこの価格帯でだしてきますので、益々競争は激しくなりそうです。まあ現在のトヨタはEVで競争しようとは思っていないのかもしれませんが。
    2020年10月25日 08:51
  • なまっくす

    to うめてんさん

    充電は悩ましいですね〜
    今回、販売店に確認したところレクサスオーナーだからといって急速充電の無料サービスはないそうです。
    (普通充電は無料)

    2020年10月31日 10:51
  • なまっくす

    to BEZLHさん

    UX300e、生産数が限られているのでカタログはないようですね。

    車両重量はUX300eは「1800kg」、総重量は「2075kg」となっています(広報資料より)

    東京都は補助金が充実しているのが嬉しいですよね!
    今後の派生車種に期待します!
    2020年10月31日 10:54