トヨタ 新型ヤリスクロス メガウェブでも大人気!(内外装チェック)

トヨタの新型コンパクトSUV 「ヤリス クロス」が東京お台場エリアの「メガウェブ」に展示中!
メディアでの前評判も高いようで、開館すぐに多くの方で賑わっていました。

th_TAmNWx1BQn+OmK%HiLIqVg_thumb_6576.jpg


展示されていたのは ヤリスクロス「G」グレード(中間グレード)
ボディサイズは、全長 4180mm、全幅1765mm、全高1590mm。
立体駐車場の高さ制限「1550mm」を超えているので、これのレクサス版と言われる「レクサスBX(仮称)」ではなんとか1550mに押さえてほしい!

th_+lANNQepSzerDynjdQDeFw_thumb_656a.jpg


ヘッドランプの形状、ウィンカー位置もヤリスとは随分異なります。
(LEDヘッドランプ/LEDウィンカーはオプション)

th_L0YRXc3+RNeeDWjMi56wWA_thumb_6559.jpg


最近はヘッドランプ内にウィンカーが戻りつつありますが、久々のタレ目。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6578.jpg


フロントグリル部分。
中央には、ミリ波レーダーと思われるものがあります。
一般的に、トヨタエンブレムの真裏にレーダーがありますがヤリスクロスは変わった仕様になりましたね。
今後はこういうタイプも増えていくのでしょうか。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6566.jpg


ボンネットの開閉も可能。
3気筒エンジンってこんな形状なんですね・・・カバー類は最小限ですが、ボンネット裏には防音材がありますね。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_655b.jpg


ドアミラー。
パノラミックビューモニター用のカメラが確認できます。
高度駐車支援装置のトヨタ・チームメイト(アドバンストパーク)のカメラも兼ねているのかな。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6558.jpg


サイドビュー。
堂々としたSUVスタイルですがゴツゴツ感もなく、これはかっこいい!と思えるデザイン。

th_YZEYfoyOQia%Y7oEz3eaSw_thumb_6579.jpg


切削光輝タイプの18インチアルミホイールを装着。
SUV車らしく、タイヤとフェンダーのクリアランスがかなり広い印象。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_654c.jpg


リヤ側もディスクブレーキを装着。
th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6568.jpg


リヤから見ると、とてもコンパクトカー「ヤリス」の派生モデルという感じはしません。

th_mHkQZqrOQ4ivBV3Je4B+kQ_thumb_6567.jpg


ボディ下部は樹脂パネルですが、車名入のプレートとともに薄型に仕上がっており、スマートさが感じられました。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6569.jpg


リヤビュー。
リヤの下部は非常にスッキリしていて余計な装飾がありません。マフラーエンドの処理は適当ですね(笑)
テールランプの光り方もなかなか上質でした。(ウィンカーはLEDタイプですが、流れません)
ナンバーライセンスランプはコストの関係からか電球仕様。

th_IsJpRnamStSFKiAsJqzI0Q_thumb_654a.jpg


ラゲージですが、想像以上に広いです。C-HRやレクサスUXよりも広い!(UXは年次改良でラゲージサイズが拡大されますが)
中央部分が、センターアームレストを兼ねているのは面白いアイディアですね!

th_GL5fTGHtRi2qRv+WO9we2g_thumb_6545.jpg

簡易カタログによるとクラス最大とのこと。

th_スクリーンショット 2020-07-24 17.08.47.jpg


ちゃんと「ハンズフリーパワーバックドア」(パワーバックドア&イージークローザー)が装備されています。これはこのクラスでは珍しいですね!(メーカーオプション)
th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_655d.jpg



インテリア編。
フロントドアトリムは一部に金属調塗装が使用されていますが、大部分がブラックの樹脂パネル。
車格上しょうがないのでしょうが、インナードアオープナー周りの質感はかなり厳しいですね。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_655e.jpg


フロントシート。
ヤリス譲りの内装とのことですが、スピードメーター部分は異なるようです。
ヤリス派生車種にもかかわらず、「電動パーキングブレーキ&ブレーキホールド」を装着するのは大きなトピックス!
ボタン照明はクリアブルーが使用されています。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6555.jpg


ステアリング。
クラウン、カムリ、ハリアーなどの上級モデルに使用されているものよりも質感・デザインともに優れているように感じるのは私だけ?

th_gJYbX+YxRE+VwKc2sZh6lw_thumb_656e.jpg


シフトノブ。シフトブーツなどもなくシンプルですね。
シートヒーターや充電用USB端子などもあるのは嬉しいですね。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_656d.jpg


フロントルームランプ。
コンパクトに纏まっています。ルームランプはスポットライトのみですが、LEDを使用しています。(リヤのルームランプは電球)

th_oHTAxKNFTmSNRVile5C60g_thumb_6570.jpg


リヤ席は質感においてもかなりの割り切りが。
ドアトリムは黒一色の「ALL樹脂パネル」。これを整形しキレイに組み合わせる技術もすごいなぁと逆に感心しますが。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6544.jpg


前席のシートポジションによってはかなり狭いようですが、普通に座れます。
頭上のクリアランスもあるので、比較的快適でした。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_654e.jpg


新型ヤリス クロスは すでに見積もりも解禁しているようですし、販売店でも大々的に販促活動をするみたいですから、C-HR → RAV4 → ハリアー → ヤリスクロスと、トヨタのSUVラインナップが市場を席巻しそうな勢いですね。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6547.jpg

今乗っているクルマによってずいぶん印象が異なるように思いますが、市場のニーズにあわせ、コストを削減する箇所は徹底的にコストカットしつつ、惜しみない先進技術も積極投入しておりコロナ禍の中、確実に売れる商品を出してきたと感じます。

th_962mprvmRXOxHV2XpyDt3g_thumb_6562.jpg

この記事へのコメント

  • かざまっち

    デザインが国産車離れトヨタ離れしてる感じですね。
    娘の代替え候補NO.1ですが
    最上グレードZのハイブリッドで300ギリ
    超えないを安いと感じるのはライズが
    同じ最上グレードZで260だったので
    そう感じるのかもしれません。
    セールスさんの話ではまだライズの納車待ちがコロナの関係で3月契約で8月末の方が多数おられ車に詳しく無い人はヤリスクロスの存在すら知らずおそらくこちらのほうが良かったと残念がられるのが心配とライズが売れなくなるんじゃないかとのことでした。
    7インチの液晶メーターやヘッドアップディスプレイ、ハンズフリートランクなど
    C-HRもあぶないんじゃないですか?

    2020年07月24日 23:29
  • キノ

    とうとうこのクラスのパワートランクにも全ドアロックボタンが装備されましたね。

    RX乗っている時は本当にお世話になった装備です。LCはシートヒーター、ベンチレーションのオンオフを探すのに苦労しました。ボタンが少ないのもスマートでいいのですが、シートヒーター関連はあって欲しかったです。
    2020年07月25日 00:35
  • なまっくす

    to かざまっちさん

    確かに外装デザインが今までのトヨタ車とは違う感じですね。(内装はそのまんまですが・・・)

    装備も充実していますし売れる予感しかしません。
    ただ、内装の質感はヤリスクラスなので、オプション込で300万近くなると断念する方も増えそうです。

    C-HRは個性的で好きなクルマなのですが装備面、実用面でいうとヤリスクロスは非常に魅力的ですね
    2020年07月25日 09:16
  • なまっくす

    to キノさん
    シートヒーター、ベンチレーションのスイッチは新型LS(MC版)から外出しになるようですが、LCでもこの2つのスイッチは外出しにしてほしいですね。当方はだいぶ慣れましたが、Auto制御だけでは心もとない部分がありますよね。
    2020年07月25日 09:47
  • かずぽん

    私も色々な動画でヤリスクロスを見ましたが、やはり商品作りはトヨタが上手いですね。ボンネットを開けた写真を見ると、ボンネットキャッチャーやサイドパネルが5cmほどかさ上げされていてヤリスのシャーシを流用しているんでしょうね。多分ミリ波レーダーもヤリスの設置位置をそのまま使っているのではないでしょうか?
    確かに内装はBセグのそれなりの作りですが、今まで4つモーターを使っていたパワーシートを1個のモーターで動く機構を採用したり、シートヒーターやパノラミックビューカメラやHUDまで付けられるなどとても今までのBセグの車とは思えない装備の充実ですね。(現行のRAV4もこの点では負けてますね)。これは中々他のメーカーも追い付くのは大変だと思いました。
    2020年07月26日 12:38
  • なまっくす

    to かずぽんさん

    ヤリスクロスも人気集中間違い無しの予感です。
    なるほど、ミリ波レーダーの位置などはベースモデル、ヤリスの名残、そのとおりかもしれませんね。

    噂のパワーシート機構は確認したかったのですが、展示車はマニュアル調整方式で確認できませんでした。しかし、ほんとこのクラスにしては今までにない装備が目立つので非常に充実していると思いました。メーカーオプションは豊富ですから調子に乗ると結構車両金額がアップしてしまう悩ましさもあるようですね。
    2020年07月27日 22:47