新型ハリアー実車拝見(Z・レザーパッケージ)こりゃ売れるのも納得!

新型ハリアーに関してはすでに数多くレポートされていますが、当方もようやく実車を販売店で確認することができました。

ホワイトパールの新型ハリアー「Z・レザーパッケージ」
フロントウィンカーは光るエリアも広く、非常に視認性が高く、しばらくの間はひと目で新型ハリアーとわかりますね。
なお、「Z・レザーパッケージ」に関しては、非常に人気で、納期目安はなんと2021年の春頃とのことでした。

th_HBfmZQ+DSw692k4NGJcyeA_thumb_63fd.jpg

フルLEDヘッドランプ、ハイビームを点灯すると2眼に。

th_H1i0BIMVQgqp1Bia2Y40Xg_thumb_6400.jpg

反面、巷で話題の「リアウィンカー」はフロントに対し、たしかに目立ちにくい。
思ったよりも高輝度ではないですし、もう少しウィンカーエリアが広くても良かったかなぁと思います。
適切な車間距離を保っていれば問題はないと思われますが、国産車でこの位置のウィンカーの車は数少ないので、懸念される方が多いのは確かに納得です。
ユーザーからの懸念の声も入っているようで、マイナーチェンジで改善される可能性はありそうです(店員の方の談)

th_+B3IZDnUSwGl6717wsqHHg_thumb_63fb.jpg


ラゲージに関しては質感も十分で、一部「ステンレスプレート」があしらわれていたり、照明にもLEDランプが使用されているなど、価格以上の質感が確保されていると感じました。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6408.jpg


ラゲージ内にもかかわらず、ちゃんとJBLのスピーカーグリルに加飾が!

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_640a.jpg


ラゲージボード下には吸音材?が設置されていました。こういうところもしっかりしてますね。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6409.jpg


前席には、車名入の「LEDスカッフイルミネーション」が標準装備。
レクサス第3世代では採用されていないので、久々に見て新鮮でした。これぐらいの加飾はあったほうがいいなぁ。

th_+pXC01M5QQy2iqCf3iwDLw_thumb_63fa.jpg


運転席パワーシートスイッチ部分は北米のヴェンザと同等のもので、一般的なレクサス第2世代のものよりは質感がアップしています。
外して塗装するとだいぶクオリティあがりそうです。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6412.jpg


スピードメーター内の「インフォメーションディスプレイ」は高解像度版ではありませんが、表示面積が広く視認性に優れます。
ただ、相変わらず同時表示できる情報が少ないので、ガジェット好きの方には物足りないでしょうね〜

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_63f2.jpg


助手席から見ると、スピードメーターの針がアクリル?で立体感あるブルーでキレイでした。
デジタル化が進むスピードメーターですが、針はアナログ感があるのも素敵ですね。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6403.jpg

前席のインナードアハンドル内には控えめなクリアブルーのイルミネーションが。(ちなみに、リヤにはありません)
必須の装備ではありませんが、雰囲気を出すためにもこういうイルミは嬉しいですね。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6410.jpg

センターコンソール前方の隙間からきれいなクリアブルーのイルミはいいですね!昼間でも目立つ仕様です。
運転の邪魔にもなりませんし、夜間のドライブ中、信号待ちなどでシフトノブをふと見ると周辺部に彩りを与えてくれますね。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_63f1.jpg


運転席・助手席の足元にももちろん、クリアブルーのLEDイルミネーションが装備されていました。
新型ハリアーは「豆球」は採用されていないようですね。明るさは控えめなので、より高輝度なものに交換される方もいらっしゃるでしょう。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6411.jpg

運転席付近のスイッチ類。
ETCユニットがきれいにビルトインされているのは素晴らしいですね。
スイッチ類の質感(樹脂部分のクオリティ)は「並」というところ。
価格上仕方ありませんが、樹脂部分やスイッチ類のクオリティはレクサスブランドの車種との差が出ています。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6417.jpg


法規制に対応した、新ライトスイッチも確認できました。
確かにエンジンオン時には「スイッチOFF/スモール」での固定ができなくなっていますね。
スイッチレバーの質感は今ひとつですね・・・
th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6415.jpg



AピラーにはJBLのツイーターもインストールされていました。
個人的には後付感がありあまり好みではありません。レクサスのマークレビンソンオーディオだとこういう処理はありませんね。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6416.jpg



サンバイザーのランプはLEDに換装されていて驚きました。色合いも電球ライクで社外品のような青白さはありません。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6407.jpg

フロントのルームランプは当然LEDを採用されていますが、デザインもなかなか洗練されていますね。
レクサスUX、NXにようなタッチスイッチ式ではありませんが、十分な質感を誇っていました。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_63f6.jpg


後席ルームランプもLED化されていますが、レクサス車のような面発光タイプではなく、中央に光源があつまっているタイプでした。しかし、明るさは十分確保されています。スイッチはちょっと安っぽい印象です。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_640c.jpg


なんといっても新型ハリアーのインテリアで優れているのは「センターアームレスト」などコンソール部分ですね!
価格帯を超えたクオリティと思いますし、ちゃんとドリンクホルダーが横並び、シートヒーター、シートベンチレーションスイッチが使いやすい場所(かつ目立ちにくい場所)にあり、アームレストも使いやすいです。(合皮の質感自体は及第点といったところ)

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6414.jpg


ドアトリムのクオリティも上々で特にアッパー部分はよくできています。webの画像ではブラック内装の質感が(ちょっとグレーっぽく見えたので)疑問でしたが、合皮の厚みや手触りもよく、すばらしい出来栄えと思います。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6402.jpg

また、幾何学模様があしらわれた「パワーウィンドウスイッチパネル」の仕上げの質感も十分です。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6418.jpg


レザーパッケージの本革シートの質感も十分でした。
「本革」といっても車種により本革の質感(厚み・表面処理)は微妙に異なっていますが、新型ハリアーの本革はしっかりとした質感を持っていると感じますし、レクサスNXの本革シートと比べても遜色ありません。ただ、レクサスの「セミアニリン本革」や、以前ハリアーに設定されていた「ナッパレザー」のようなより上質な処理をしたシートのようなしっとりとした質感はありません。
また、ステッチの処理や革の合わせ目の処理など細かいところはちょっと雑な印象(個体差あるのかもしれません)

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6401.jpg


---------------------------------------------------------

全体的に事前情報通り、室内外のクオリティは高く、外装のデザインも含め、これが「300万円〜」から準備されている車とは思えません。
レクサスUXやNXを超えるクオリティの部分も見受けられましたので、SUV人気の追い風の中、半年待ち以上の納期は納得です。

しかし、残念だったのは、話題の12.3インチの大型「モニター。
実際運転席に座って操作してみても、後付感が強く、耐久性を重視しているのか「枠」が大きい。センターコンソール部分がすっきりしたスタイリッシュなデザインなのにこのモニターは「別物感」があり、デザインを台無しにしているように感じました。

th_0imhBBSuSbutFseDzORNeA_thumb_63f5.jpg

(追記)コメントいただきましたが、せっかくの12.3インチワイドモニタを選択しても、レクサス車のような「全画面表示」ができないようです。
トヨタ自動車の説明書サイトで確認しても、地図表示の全画面化については記載されていません。
https://toyota.jp/ownersmanual/harrier/

つまり、常にサイド画面が表示されています。(ただし、エアコンや燃費表示など、サイド画面の上方を「全画面」にすることはできるようです)

th_2nerNlOOQQqqqI+Igl3sbg_thumb_63f5.jpg

そのため、例えば高速道路のIC案内図が「割り込み表示」される際も、あくまで「地図画面エリア」が分割されるので、本来の地図表示エリアがさらに小さくなるようです。

jpcs03ae026a.jpg


理由として推測されるのは、新型ハリアーには8インチディスプレイもラインナップされているため、地図のサイズを共用するために、レクサスのようなワイドサイズ対応できないため、「16:9」ではなく、「4:3」の通常サイズの地図表示しかできないのではないでしょうか?せっかくのワイド画面なのに、ちょっと残念ですね。

大型モニターの「タッチパネル回帰」は、実用的で、使いやすいものとは思いますが、センターコンソールにうまくビルトインすることが難しいですね。
2021年と噂される「レクサスNX」のフルモデルチェンジ時にはこういった部分をどうやって解消するのか楽しみにしたいです。

th_sKksk4ddQDCZoyfq22Z+kg_thumb_63fc.jpg

この記事へのコメント

  • ハリアーZ納車待ち

    初めまして。私もハリアーを見てきました。レザーの肌触りやドリンクホルダーの位置など多少気になる所はありますが、質感は概ね満足です。
    しかし、ナビが全画面にならないのは想定外でした。ジャーナリストのレビューを見ても誰一人触れていないのが不思議です。ディスプレイの位置は、座高が高い(短足)なため、問題ありませんでした。
    既にオーダーを入れていますが、ナビが引っかかってしまい、やきもきしています。
    2020年06月28日 13:19
  • ネルソン

    早速の実写レポートありがとうございます。
    トヨタは内装に関して「わかりやすい高級感の演出」が得意と言われますが、新型ハリアーもかけられた予算以上の質感に見え、良くできているものと思います。
    ただ、近年カローラですら質感の高さを感じる内装を採用する等、トヨタ全体の内装の質感が向上する中で、クラウンの内装は得意としていたはずの「わかりやすい」質感を感じないのがもどかしく思います。
    価格帯が下のハリアーでここまでやれるトヨタなので、クラウンでは内装を演出する事が出来なかったのではなく、あえてやらなかったとしか思えないので、少々理解に苦しむ所です。
    2020年06月28日 19:18
  • RCF乗り

    評価が高いのは元ハリアー乗りとしては嬉しいなぁ。
    トヨタ1強を象徴するような車で、これからもトヨタ(レクサスも)に期待したい!
    2020年06月29日 10:56
  • NX300 VersionL 乗り

    次期NXへの繋ぎとして今回のハリアーへの乗り換えを期待しており、先日確認してきました。
    内装に関しては、一部”レクサス越え”とか言われてますが、そこまで感じる事はありませんでした。 個人的にピアノブラック内装パーツが受け入れられないのもありますが…
    エクステリアは伸びやかで優雅な雰囲気で好感が持てました。 前後のオーバーハングが極端に長い独特のデザインを継承していますが、これはこれでハリアーらしさを醸し出していると思います。
    乗り換えるかどうかですが、来年1月のNX初車検に納期が間に合わない可能性がある事、次期NXはこの良くできているリアーよりも確実に購買意欲をそそる事を期待して、このまま後期NXの車検を受ける事にします。
    2020年06月30日 15:06
  • ちびっと

    なまっくすさん こんばんわ

    昨今のセンターコンソールにぶっさすナビモニターという形式はいつまでつづくのでしょうか。
    ハリアーはともかくとして1000万クラスやより高額の車ならダッシュにビルトインされた
    すっきりしたデザインでやってほしいですが、それも昨今そうではなくなりつつありますよね。

    この部分だけで選ぶとすると、非常に限られたモデル数になってしまいますし、
    そこからさらに外観の好みやパワートレインなどを選ぶと実質どれだけ候補がのこることか・・・。

    追伸 ダッシュにぶっさされたモニターだとダッシュの掃除も面倒ですね。
    2020年07月01日 00:40
  • なまっくす

    to ハリアーZ納車待ちさん

    コメントありがとうございます。
    ナビ、調べてみたらたしかに全画面になりませんでしたね。せっかくの大型ワイド画面なのに表示できる領域もせまく、もったいないですね・・・(TVチューナーの画像を表示するとどうなるんでしょうね・・・)
    2020年07月01日 22:06
  • なまっくす

    to ネルソンさん

    ハリアー、静的質感はとても良くできていると思いました。
    クラウンはちょっと残念なところがありますが、特別仕様車の投入などで少しずつ巻き返していますね。
    新プラットフォームの「GA-L」がやはり高価なのでしょうか・・・(重いですし)基本設計にコストがかかったので内装でコスト削減をしている感じですね。もう少し価格上昇しても内装の質感を上げたほうが顧客満足度は高まるように思いますが、どうなんでしょうね。
    2020年07月01日 22:09
  • なまっくす

    to RCF乗りさん

    新型ハリアーは見た目もかっこいいですし、内装のセンスも良いと思いましたし、レクサスブランド車にもいい影響を与えるのではと思います。
    NXは確実にハリアーより上質に仕上がる必要があるのでとても楽しみですね。
    2020年07月01日 22:11
  • なまっくす

    to NX300 VersionL 乗りさん

    コメントありがとうございます。
    次期NXのつなぎでご検討されていたんですね。

    新型ハリアー、ドアトリムアッパーの質感、センターコンソール部分は限られたコストで素晴らしく仕上げてきたと思います。
    現行NXも前期から後期にマイナーチェンジする際に気になる点は改善されましたので、新型NXにフルモデルチェンジする際はさらに上質になっているものと期待します。
    2020年07月01日 22:16
  • なまっくす

    to ちびっとさん

    新型ハリアーのナビは実際みるとちょっとがっかりでした・・・
    もっとも、複数のサイズを選択できるので、このような外付けタイプっぽい形にせざるをえなかったものと思います。
    レクサスNXではしっかりビルトインしてくれることを期待します。
    2020年07月01日 22:23