レクサス LC500 Convertible 特設サイト公開&初年度LCとの違いについて

2020年5月25日、レクサス「LC500 Convertible」の特設サイトが公開されました。
https://lexus.jp/models/lc/teaser/

スクリーンショット 2020-05-25 22.32.52.png

発売は6月18日頃の予定ですから、あと3週間ほど。
特設サイトでは「カラーシミュレーション」と、新チーフエンジニア、武藤氏のインタビューが掲載されています。

1g0.png

エクステリアカラーのシミュレーションですが、現時点ではルーフは「ブラック」のみしか見えないようになっています。また、メーカーオプションである「21インチ鍛造ホイール」が表示されているのがちょっとややこしいですね・・・。

ルーフカラーは、ブラックの他、「サンドベージュ」がありますが、これは内装カラーを「オーカー」にしたときのみ選択可能です。
「レッド」のルーフカラーなど今後のバリエーションに期待したいところです。

20191120_01_38_s.jpg

今後、特別仕様車「Structural Blue」の一般抽選枠の発表や、追加インタビュー、内装カラーの紹介などのコンテンツが追加されると思いますので今後の更新が楽しみですね。

20191120_01_76_s.jpg

なお、仮に2017年(初年度・2018年モデル)にLCを購入された方が今回、車検時に「LC500 Convertible」に乗り換えされた場合の主な装備面の違い(予想)は以下のとおりです。

派手なものはないですが、マイナーチェンジを経たと思うぐらい結構違いがあるようですね。

■アクティブコーナリングアシスト(ACA)の追加 *"S Package"除く

■パフォーマンスダンパー(リヤ)の追加

■ブレーキパッドが高摩擦タイプ→中摩擦タイプへ変更

■20インチ鍛造アルミホイールのカラー変更(ダークプレミアムメタリック)

■内装素材(ルーフ、サンバイザー、ピラー、ドアトリム等)が「合成皮革」へ変更

■ネックヒーターの追加

■ハイブリッドナビ対応

■Apple Car Play/AndroidAuto対応

■パワーイージーアクセスシステム(運転席)追加

■カードキー追加

■傾斜センサー追加

■オートライト/ハイビーム制御変更

■D-Call Net対応

■ステアリングサポートのアルミダイキャスト化

■乗り心地向上/ショックアブソーバーに伸圧独立オリフィス採用

■足回りを中心とした軽量化(約10kg)

■外装カラーの変更
 (廃止:ガーネットレッドマイカ、アンバークリスタルシャイン)
 (新規:テレーンカーキマイカメタリック、ブレージングカーネリアンコントラストレイヤリング)

■内装カラーの変更
 (廃止:ダークローズ、ブリージーブルー)
 (新規:フレアレッド)


動画でもプレカタログを解説していますので、お時間のある方はぜひどうぞ!
----------------------------------------------------------
【YouTube】LC500 Convertibleプレカタログ解説&限定車申込み方法



----------------------------------------------------------


なお、LC500  Convertible 特別仕様車「Structural Blue」のレクサスオーナー向け「抽選結果」については後日レポートさせて頂く予定です。果たして最終的にどれぐらいの倍率になったのでしょうか?

この記事へのコメント