ES300h トムスからエアロパーツ新発売!

レクサスのエアロパーツを開発している「TOM’s」から、ES300hのエアロパーツが新発売となっています。
純正カタログには掲載されませんが、レクサスディーラーでも発注可能です。

町中で見かけることもかなり多くなったESの差別化としては嬉しいカスタマイズ・パーツの発売ですね。

LEXUS-es_fr-and-rr.jpg

https://www.tomsracing.co.jp/company/news/5359/


■フロントスポイラー 
塗装済=90,000円、素地=70,000円<税別>
トムスおなじみのデザインでスタイリッシュなスポイラー。13mm地上高が下がるので、駐車環境には要注意。

スクリーンショット 2020-01-24 1.07.19.png


■サイドディフューザー 
塗装済=110,000円、素地=90,000円<税別>
フロントスポイラーのサイド部分と同様の処理がリヤ側に来る特徴的なスポイラー。

スクリーンショット 2020-01-24 1.07.34.png

■リヤバンパーディフューザー
塗装済=90,000円、素地=70,000円<税別>
中央の大型フィンがスポーティ。マフラーは隠れたままなので、比較的おとなし目のデザインでESにも似合いますね。

スクリーンショット 2020-01-24 1.07.27.png


塗装済は以下の4種類がラインナップ。
「ホワイトノーヴァガラスフレーク」「グラファイトブラックガラスフレーク」「プラチナムシルバーメタリック」「フラットブラック」
TOM'sのイメージカラーといえる、シルバー系が塗装済で準備されているのは嬉しいですね。

これで、「ES」のエアロパーツとしては、メーカーブランド系では「TRD」、「TOM's」がラインナップされることとなりましたが、気になるのは「モデリスタ」です。

販売が比較的好調といえる現在のESの販売数から考えると、「モデリスタ」ブランドのエアロパーツが開発されてもおかしくはなさそうです。しかし、2月発売の「トヨタ・GRヤリス」では、GRパーツに関し、「TRD」や「モデリスタ」のブランド表記がなくなっており、一部パーツの製造元として「トヨタカスタマイジング&ディベロップメント」の名称が記載されているだけ。今後のトヨタ/レクサスの新型車では「TRD」や「モデリスタ」のブランドネームでのパーツは設定されない可能性がありそうです。
初夏発売とされる「トヨタ・新型ハリアー」での設定がどうなるか気になるところです。



この記事へのコメント

  • ES待ち

    こんにちは
    いつもチェックさせてもらっています。
    TRDのリア(マフラー付き)は、低すぎて、コインパーキングに入らないらしいですね。そのかたは、ノーマルに戻されたとか。後、3センチ高くしてもらいたいとのことでしたよ
    2020年01月24日 15:04
  • esのtrdリアデフェーザー装着車に乗ってます。
    駐車止めの高さ12cmでギリギリ!!当たる時もあり!
    マフラーやリアデフェーザーはクリアーするのですが、
    リアタイヤ付近、側のエアロが当たり(-。-;
    タイヤ当たるまで停めたら最後…
    出るとき引っかかり(>_<)
    最悪サイドバンパー付近が外れるような浮くような状況になり
    手で叩いてはめ込みます-_-b
    都内の車止めは高さ10cmが多いので問題ないのですが
    全長が長いのでなるべくタイヤが当たるまで駐車したいので・・
    trdのリアタイヤ付近のエアロを あと1cm〜2cm上がってると
    ストレスないのですが(笑)
    トムスの方がリアタイヤ付近上がってるのでいかがですかね
    ◯□←タイヤが当たる所付近の寸法を知りたいです。。

    2020年01月24日 23:24
  • なまっくす

    to ES待ちさん

    エアロパーツはスタイリッシュですし、空力特性が向上するものもありますが、マフラーとセットのリアディフューザーはどうしても駐車時に気をつかってしまいますよね。コインパーキングは場所により仕様も異なりますし、事前調査が必要ですね・・・
    2020年01月25日 18:36