LEXUS UX200 特別仕様車“Blue Edition”はお買い得なのか検証!

さて、レクサス2020年の第1弾、NX・UXの特別仕様車が発表されました。
https://global.toyota/jp/newsroom/lexus/31088353.html?padid=ag478_from_kv

また、既報のとおり、UX200では、ラゲージの空間を拡大した、「ローデッキタイプ」が採用され、容量が310Lに拡大したそうです。

20200109_01_17_s.jpg

今回は「UX200」の特別仕様車“Blue Edition”について検証してみたいと思います。

今回の特別仕様車には以下のような特徴があります。

■UX200にしか設定がない
■「標準」グレードがベース。
■追加装備の多くが「メーカーオプション」または純正部品の取り寄せで装着可

つまり、言葉はあまり良くないですが、UX250hに比べ著しく販売が振るわない「UX200」かつ数が出ない「標準仕様」をベースとしたテコ入れ策といえます。

UX200 ベースグレード・・・3,972,222円(税込)
UX200 特別仕様車  ・・・4,050,000円(税込)
----------------------------------------------------------
差額 77,778円

と、意外に価格アップの「差額」が少ないですね。


特別仕様車で追加される装備は以下のとおりです。

■ダークグレーアルミホイール・・・5500円

価格の割にクオリティが上がるダークグレー塗装の16インチアルミホイールが標準に。

20200109_01_15.jpg

■パーキングサポートブレーキ・・・28600円

アクセル/ブレーキ踏み間違え機能も備え、今や必須装備とも言えるPKSB。本来標準装備のものを、価格を400万円未満にするため、あえて外していたものですから、本来の装備に戻っただけ、ともいえるでしょう。
img_02-3.jpg

■LEDフォグランプ等・・・ 34,100円

LEDヘッドランプの機能拡大によりセダンタイプではフォグランプが続々廃止されていますが、SUVタイプのクルマではまだまだ現役のフォグランプを標準装備。

20200109_01_16_s.jpg


■ルーフレール・・・ 33,000円

アウトドア派には必須のルーフレールをなんと標準装備!特別仕様車では珍しいパターンといえます。

スクリーンショット 2020-01-09 22.31.48.png


■ハンズフリーパワーバックドア・・・82,500円

2017年以降続々採用されている、足さばきでラゲージを開閉できるパワーバックドアを標準装備。これは嬉しいですね。

img_col_02.jpg

■スカッフプレート・・・価格不明(両側で10,000円程度か)

第3世代レクサス車から採用されている、高級感がアップするスカッフプレート。部品取り寄せも可ですが、標準装備は嬉しいですね。

20200109_01_18_s.jpg

■オーナメントパネル(ヘアライン加工)・・・価格不明(PWスイッチ、センターコンソールなど全部で20,000円程度か)

ブラックメタリックではなく、ヘアライン加工によりかなり質感が向上しますのでこれは嬉しいです。
パワーウィンドウスイッチの他、センターコンソールなども変更されると思います。純正部品では準備されていますが、換装は面倒なので最初からクオリティアップしているのは嬉しいですね。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3e5d.jpg


■インストルメントパネル(コバルト)・・・0円

従来は内装色「コバルト」のみこのインストルメントパネルが装着されましたが、かなり装着数が少なかったのか、定番のブラックと組み合わせることでコバルト色のインストルメントパネルを見る機会が増えるかもしれませんね。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5876.jpg

さて、これらの合計金額ですが、メーカーオプション価格が判明しているものだけで「183,700円」、スカッフプレートと内装ヘアライン加工を考慮すると、「約210,000円」程度の上乗せ装備と推定します。


UXのベース車両からの上乗せはわずか「77,778円」ですし、人気のオプション類を約「20万円分」装備して、なかなかお買い得と思われます。
UX250hには設定されないことを考慮しても新型車発売からわずか1年少々、レクサスにしては珍しく「バーゲンプライス」な特別仕様車と思います。

ただし、ボディカラーが4種類、内装色が1種類というのが(やむを得ませんが)ネックかもしれませんね。



<選択できるボディカラー>
・セレスティアルブルーガラスフレーク〈8Y6〉
・グラファイトブラックガラスフレーク〈223〉
・ソニックチタニウム〈1J7〉
・ソニッククォーツ〈085〉

img_interior_01.jpg

この記事へのコメント

  • あぎー

    いつも楽しく拝見し、また大変参考にしています。

    UXはガソリン車にもAWD設定があればここまでハイブリッドとの販売差は出なかったかも知れませんね。ベースグレード基準なので価格も手に入り易く特別感もあるため新規顧客が増えそうなとても良い仕様だと思います!
    2020年01月10日 12:40
  • ラゲージは狭い狭い言われすぎて流石に早めにテコ入れしてきましたね
    ウィンドウスイッチの加飾は価格帯からして最初からやれよと思います
    2020年01月10日 18:55
  • Danmarino

    ラゲージスペース拡大はずるい!最初からハイブリッドも含めてそうすべきだったと思うます!困った物ですねぇ。
    2020年01月11日 19:47
  • なまっくす

    to あぎーさん

    コメントありがとうございます。
    そうですね、UX200にはAWDの設定がほしいところですよね。今回の特別仕様車はお買い得感ありますし、実質的には新たなベースグレードといえそうですし、次のマイナーチェンジにはこれを標準仕様にしてほしいぐらいですね!これでシートにブルーの差し色でも入っていればほぼ文句なしなのですが(笑)
    2020年01月15日 01:29
  • なまっくす

    to 星 さん

    ラゲージは最初から選択性にしてほしかったですね。UX250hでも需要がありそうですから今後に期待したいところです。

    ウィンドウスイッチと、インナーハンドルについては全モデル統一しても良いかと思いますよね。最低でも400万円はするわけですし、マツダやスバル等のメーカーの内装の進化具合から見てももっとコストを掛けてほしいと思います。
    2020年01月15日 01:32
  • なまっくす

    to Danmarinoさん

    ラゲージ拡大、実際のところは今の「フラット」の方が使いやすいという声もあるようなので選択性にするか、からくり式にして高さを調節できればベストですね。

    UX250hでも構造上は同様の改良は問題なくできそうですから、マイナーチェンジまではなんとかして欲しいところです。
    2020年01月15日 01:33