LEXUS 日本でも「LX600」商標出願!

レクサス「LX570」は2015年7月に日本市場に投入され、来年で5周年を迎えますが、フルモデルチェンジが待たれるLXについて、「LX600」のネーミングで商標出願が行われています。(2019年10月7日付、10月23日公開)

LXは1100万を超える高額車ですが、ほとんど宣伝されることがないにもかかわらず、未だにコンスタントに「月/100台」ペースで売れ続けているのは凄いの一言。

img_gallery_11_l.jpg


日本では、「LS600h」が廃止されて以降、「600」のネーミングが消失してますが、「LX600」が示すものは、V8ツインターボエンジンを擁する「600」なのでしょうか?「h」がつかないことからハイブリッド仕様ではないようです。(3.5L"マルチステージハイブリッド"の搭載も噂にあったようですが)
この次期に商標出願されてきたということは「2020年」に登場するのでしょうか・・・

ただ、時代的にガソリンのNAエンジンということはないでしょうから、ターボエンジンであるものと思いますが、詳細な搭載エンジンやパワートレーン、プラットフォームについても楽しみです。

「LS600h復活」!の噂も出てきましたし、レクサスはコンベンショナルなエンジンも投入するだけの余裕があるとも言えるのでしょう。

この記事へのコメント

  • 600シリーズはたぶん次期2リッターエンジンブロックをV型にした4リッターエンジンをデチューンした仕様じゃないでしょうか
    LSF/LCFは同じベースでハイチューン仕様
    そして現行のURエンジンは残念ながら消えてゆく
    2019年11月08日 03:23
  • りあむ

    ヨーロッパのCAFE規制は、メーカー毎に販売台数の平均値で規制されるので
    HEV、PHEV、FCV、BEVを全方位に揃えるトヨタやレクサスは、多少の余裕があるのではと思われます
    GRスープラもプリウスをたくさん売ってるのでZ4よりも無茶なチューニングをしてますし
    なのでレクサスも今後はEVシフトを加速させる中で、企業別平均燃費に影響を与えるほど販売台数の出ないLXは、ランクル同様にV8ツインターボのノンハイブリッドなのかも知れませんね
    2019年11月08日 15:48
  • なまっくす

    to 匿名さん

    LCF系のエンジンをデチューンした仕様だとなかなか夢がありますね〜
    現行UR系、終焉が近づきそうですが、本当にLS600hが復活するのであればセンチュリーと同様まだしばらく継されるのかもしれませんね。
    2019年11月09日 20:24
  • なまっくす

    to りあむ さん

    まさにそのとおりですね!
    レクサスはまだフル電動化の前にパフォーマンスに振ったパワートレーンを開発しそうですし、それはトヨタでの環境面での蓄積があるからこそできることと思いますので、そういった面で差別化していくのは夢がありそうです。
    LX600・・・パワートレーンが本当に気になりますね!
    2019年11月09日 20:26