レクサス「GS300」主戦場の北米でついに販売中止!

今日はまもなく発表のRXの話題でも・・・と思っていたのですがショッキングな話題が!
ついに、レクサスの主戦場である北米で、2020年モデルの「GS300」(2Lターボ)がディスコン(販売停止)になるとのレポート。(「Lexus has discontinued the GS 300 sedan for the 2020 model year, a company spokesperson has confirmed.

北米ではGS300h,GS450hといったハイブリッドモデルは販売されていませんので、販売が継続されるのは「GS350」と「GSF」のみとなります。
「レクサスエンスージアスト」や「carsdirect」で報道されています。

https://lexusenthusiast.com/2019/08/25/lexus-gs-300-discontinued-for-2020-model-year/
https://www.carsdirect.com/automotive-news/lexus-gs-300-discontinued-for-2020


スクリーンショット 2019-08-26 20.54.15.png

GS200t(GS300)は、レクサスISでやクラウンで投入されたFR用2Lターボエンジンを搭載していますが、日本ではクラウンへの配慮もあってか市場投入が遅れ(2016年9月に投入)、そこから約3年間が経過しようとしていますが、日本での累計販売はなんと推定「1000台未満」であり、販売面では非常に苦戦しています。
特に「ES300h」が発売されてからは毎月1桁台の販売にまで落ち込んでおり、2019年1月〜7月で累計台数(推定)はわずか「30台」程度。
今年に入って多くのディーラーではGS300を1台も販売していないと思われます。

2019年1月〜2019年7月におけるGSの各モデルのセールス状況は以下の通り。(GS300はブルーのライン)
----------------------------------------------------------------

【GSシリーズ 2019年販売状況】
図1.png
※自販連や雑誌CG,ベストカー等の情報をもとに当方で作成

----------------------------------------------------------------

北米でハイブリッドモデルが販売停止となることはそれほど珍しくありませんが、純ガソリン車で販売が停止された意味は大きいと思います。
GSの車格ではやはり2Lターボは力不足(カタログスペック上)ということ、北米においてはGS300とGS350の価格差が小さめであることも要因のようです。

GSシリーズは2020年モデルにおいてもほとんど手が入ることなく販売が継続されますが、最量販市場である北米にてGSの販売が絞り込まれてきたということで、いよいよ「カウントダウン」が開始されたと考えて良さそうです。(なお、日本においては現時点で「GS300」が販売停止となる情報は入ってきていません)



この記事へのコメント

  • IS kid

    とうとう現実になりましたね、時を同じくしてベストカーWebでもISの不人気ぶりが記事になっていました。https://bestcarweb.jp/feature/column/87207

    本来ブランドのイメージリーダーであるべきGSやISに対し適切な装備の更新もせずさらし者にするがごときのメーカーの姿勢はISオーナーとしては寂しい限りです。
    2019年08月27日 16:54
  • Danmarino

    いよいよですねぇ。時代の流れって奴でしょうか。セダン好きの私にはとても辛いですわ。家族もなんでセダン?と言われております。でもメルセデスとESはとても家族にも評判はいいです。結局ブランドって奴ですかね。メルセデスベンツの背中はまだまだ遠いようですね。というかGSもISもやる気あるんかい、と言う手の抜きように見えてなりません。
    2019年08月27日 18:18
  • なまっくす

    to IS kid さん

    コメントありがとうございます。
    ISについての記事もありましたね!私もこれに関する記事を途中まで書いていたのですが、いったん取りやめています。それほど今のISが置かれる状態は厳しくなっていますね。
    私も理想のISが発売されれば乗り換えしたいと思っていますので、なんとかフルモデルチェンジでライバルと互角以上の戦いをしてISに乗られている方が誇りに思うような仕上がりの車を開発してほしいものです。
    まずは電動P、全車速ACC、ナビシステムの刷新、デザインのプチ修正、LSS+のアップデート をするだけでもだいぶ商品力は上がると思うのですが・・・
    2019年08月27日 20:47
  • なまっくす

    to Danmarinoさん

    メルセデスやBMWはセダンやクーペもしっかりと継続的にアップデートしたり、派生車種を次々生むなど着実にファンの要望に応えているのはすばらしいと思います。
    現行GSはもともと2012年のデビュー時に廃止も検討されたそうですが、その時に発売までこぎつけた「志」が今もあればこのような状態にはなっていないのではと思います。
    一番あとから投入したモデルが早々にラインナップから欠けるのは非常に寂しいですし、代替となる「新ターボエンジン」の登場を待ちたいところです。
    2019年08月27日 20:50
  • 国内販売店ではGSに関する情報は何も聞かないですね。
    売れないグレードを整理するのは分かりますが、売れるように改良する訳でもなく、放ったらかしの状態っていうのは、扱いが雑すぎます。
    ドイツ御三家がE、5、A6を存続させるうちは、GSも存続させて欲しいですね。
    2019年08月27日 21:07
  • 筋肉祭

    ずっとGSは外からしか見てなかったのですが(あとはカタログですね)、最近になって代車でお借りする機会がありまして。

    15年前?という、その安っぽくも古めかしいその内装にビックリしました。
    営業さんに聞けば29年式のものでまたもビックリ。こんな車を令和時代に高級車として売ってるの!?という。

    SUV人気とかに売れない理由を求めてるようじゃ駄目だと思いました。
    2019年08月28日 08:44
  • なまっくす

    to 柴さん

    GSのライバル車は世界でも有名なクルマたちですから、ぜひ継続して競争してよいものを作り続けていってほしいですね。クラウンだけになってしまうのは寂しすぎます・・・
    2019年08月31日 21:56
  • なまっくす

    to 筋肉祭 さん

    GSは2012年のフルモデルチェンジの際に当時世界初の大型スクリーンを採用するなど先進性はありましたが、インテリアのデザインなどはコストダウンされた部分も見受けられ、当時からデザイン面での先進差はあまりありませんでしたね。
    そのため今見ると古さが目立ってきてしまっていますね。落ち着いて良いとの声もありますが、ライバル車の先進性が高まってきているだけに、難しいところです。
    2019年08月31日 22:03