レクサスNX 異例の年次改良(2020年モデル)発表!

何度か当ブログでもレポートさせていただきましたが、ついにレクサスNX(NX300/NX300h)の年次改良(2020年モデル)が発表されました!
例年夏に行われているNXの改良が4月(実質的には5月)に行われるのは非常に珍しいこと。

https://global.toyota/jp/newsroom/lexus/27713393.html

th_20190418_01_05_s.jpg

すでに「NX」は2月上旬からオーダーストップされておりますが,人気が継続するNXはすでに納期が8月中旬頃となっており、今回の正式発表でさらに納期が伸びると思われますので、消費税増税前の納車を目指す方は今月中の商談が必要かもしれません。
なお2月にオーダーした方は6月頃には納車がスタートするようですね。

https://lexus.jp/news/nx_info/


今回の改良内容は既報通りでしたが、年次改良のため内外装の意匠変更はありませんが、レクサスとしては衝撃(いい意味で)の改良内容になっています。とはいえ、リセールヴァリューに影響があるほどの内容ではないと思いますが・・・

■衝撃のレクサスNX 年次改良(2020年モデル)LSS+が!(2019/2/8)
http://www.namaxchang.com/article/464072866.html

○アクティブコーナリングアシスト[ACA]の追加

○Lexus Safety System+のアップデート
 ・プリクラッシュセーフティのアップデート(歩行者[昼夜]・自転車運転者[昼]検知機能)
 ・レーントレーシングアシスト[LTA]
 ・ロードサインアシスト[RSA]
 ・先行車発進告知機能[TMN]

○ITS ConnectのMOP設定(+27,000円)

○外装色追加
(ブレージングカーネリアンコントラストレイヤリング)
スクリーンショット 2019-04-18 22.36.43.png
https://global.toyota/jp/newsroom/lexus/27713393.html

○外装色廃止
(プラチナムシルバーメタリック)

large-1-3.jpg
https://www.lexus.com/models/NX

○内装色追加
(専用ブラック&アクセントマスタードイエロー[F SPORT])
20190418_01_08_s.jpg
https://global.toyota/jp/newsroom/lexus/27713393.html

(ブラック&アクセントサンフレアブラウン)
20190418_01_06_s.jpg
https://global.toyota/jp/newsroom/lexus/27713393.html

「プラチナムシルバーメタリック」は最近レクサス車ではあまり選択されないカラーのようですので、今年の年次改良で他モデルでも廃止が進む可能性がありそうです。シルバー好きの方は要注意です。


なお、その他細かいところですが、メーカーオプションで一部「価格改定」があります。※確認中

■パノラミックビューモニター

NX300,NX300hともに「54,000円」→「76,000円」と約「22,000」アップしています。
(それでも他車種より十分安いですね)
通常、オプションは量産効果で安くなることはあるのですが、価格アップは珍しいです。
何らかの機能追加がされたのでしょうか?

function25.jpg


■寒冷地仕様

NX300hのみ価格が「7,000円(+税)」アップして、NX300と同価格になっています。(補機バッテリー種類の変更等があったのでしょうか?)


20190418_01_01_s.jpg
https://global.toyota/jp/newsroom/lexus/27713393.html

■車両本体価格

以下の通り概ねNX300で「約25,000円」、NX300hで「約17,000円」アップしています。
消費税8%の価格は円単位でかなり細かいですが、これは「RCF」の予定価格と同様、消費税が10%追加されたときにキリのよい数値となるように調整したものと推測されます。参考に消費税10%の予定価格も記載しておきます。

LSS+のアップデートや、「アクティブコーナリングアシスト(ACA)」の追加などで価格がアップするのは当然ですが、NXでは非常に戦略的な価格となっており、実質的にLSS+のアップデート価格は非常に低廉と推測されます。

スクリーンショット 2019-04-18 22.39.24.png

ターボモデルのNX300の方が価格改定幅が大きいのは、ニュースリリースにない何らかの見えない改良が施されているのでしょうか・・・?


さて今回のNXの改良で「LSS+」のアップデートがマイナーチェンジやフルモデルチェンジを待たずして「年次改良」レベルでも対応できることが証明されました。また、アップデートにかかるコストは僅少であることも・・・(レクサスはほんの僅かな機能アップでも改良内容を価格に転嫁しますので)

ということで、「Lexus Safety System+(LSS+)」のアップデートに関して、「IS、GS、GSF、CT、RC、RCF」などでもぜひ対応してほしいところ。
一部モデルではハードウェアの換装や機能追加・検証に伴う所定のコストがかかることは理解できるものの、今後も継続販売するのではあれば、多少の価格アップはレクサス車を選択するオーナーにはまったく支障がないものと思われますので、ぜひメーカーには「英断」をお願いしたいところです。

この記事へのコメント

  • かずぽん

    こんにちは。ついに年次改良が正式発表されてしまいましたね。
    記事にあるパノラミックビューモニターの価格ですが、昨年NXを買う際にもらった2018年8月のカタログを見るとパノラミックビューモニターの価格は82,000円となっており価格の変更は無いと思います。但しBlackSequenceだけはパーキングサポートブレーキが標準となっており、パノラミックビューモニターのオプション価格が54,000円になっています。多分この価格をご覧になったのではないでしょうか?しかし僅かの値上げでLSS+2.0とACAも付いてしまうとは。。。。

    所で先に発表されたRAV4の試乗をしたのですが、乗り心地はNXよりもかなり良かったです。NXは結構ロールが気になります。そのロールもコーナリングの際のロールでは無く、直進路でも道のわだちなどで車が左右に揺れるのがかなり気になっているのですが、RAV4はかなりフラットでよりしっとりとした乗り心地でした。ステアリングも素直な挙動です。TNGAのシャーシのおかげでしょうか。
    但しハイブリッドでもエンジンの透過音はNXに比べて結構気になり、その音質もちょっとがさついた感じでした。またパワー感もほどほどの印象でした。
    それを除けば車の出来はかなりの好印象でハリアーだけでなくCR-VやCX-5のかなりの強敵になりそうです。
    2019年04月19日 09:11
  • Danmarino

    正直フルモデルチェンジ無しでここまで改良してくるとは思いませんでした。
    ただ乗り心地などNX元所有者としては結構ESとUXが良いので興味津々です。
    でもこれだったらUX見にきた人がNX の移行すると言う例も増えるのでは無いですかね。RXも新しいLSS+を乗せてくると思うのでフルモデルチェンジの時間を稼いでその間にLMとかを日本に導入と言う腹づもりなのでしょうか、単純にレクサス に屋台骨を支える2つのモデルだから妥協しなかったのか。何れにしてもCT、IS、GSにも新しいLSS+を導入して欲しいです。
    2019年04月19日 14:58
  • キノ

    いつも楽しく読めせて戴いております。初めてのコメント投稿です。現行RX450hに乗っていますが、年内予定のMCでどの程度まで手が加えられるのでしょうか。FCするまでにトヨタブランドのSUVはほとんど新プラットフォーム新エンジンが導入されると思うので、RX乗りとしては先代LSのメジャーチェンジレベルの変化が欲しいです。LSS+アップデート、外観内装の一部改良レベルでは、エンジンの基本設計の古さもあり、乗り換えは見送りたいと思います。
    2019年04月21日 14:40
  • なまっくす

    to Danmarinoさん

    もともと評判のよいNXですが、今回の改良は本当に嬉しい仕上がりですよエン。
    今回のNXの改良を皮切りに、既存モデルにも同様のアップデートをしてくれるのであれば大歓迎なのですが・・・そんな雰囲気があまりなさそうです・・・。

    RXのマイナーチェンジは未だに詳細が不明ですが、安全装備は相当アップデートされると思いますし、(LSのみへの機能も追加するのでは?と推測しています)売れ筋モデルへの「資源投入と」いう方向性ではないかと思っています。
    2019年04月22日 20:12
  • なまっくす

    to キノ さん

    コメントありがとうございます。
    MC版RX、まだ明かされませんでしたね。

    6月には販売店員向け研修があるとのことなのですが、本当にそれまで海外でもお披露目がないのか?今までにないパターンで、驚いています。

    今の所、ナビシステムが変更になりクラウンのようなツインモニターになる可能性はかなり高いようですが・・・
    エンジンの変更やバリエーション追加はなさそうです・・・
    2019年04月24日 00:16
  • なまっくす

    to かずぽん さん

    NX、ついに出ましたねぇ〜
    パノラミックビューモニターの価格、当方が確認したのは2017年8月版カタログでした。その後、2018年度になったときに価格変更があったのでしょうか・・・少し調べてみます。

    RAV4は、やはり新プラットフォームの効果が高いのでしょうね。アクティブコーナリングアシストも背が高い車種なので効いているのかもしれませんので、2020年モデルのNXでもぜひ乗り比べてみてください!(おそらく販売店も試乗車を入れ替えすると思います)

    なお、NXの乗り心地、たとえば直進路の轍など、微振動でしたら、パフォーマンスダンパーの装着で解決する可能性もあります。(段差などには効果があまりありません)
    2019年04月24日 00:28