レクサスRCF マイナーチェンジ仕様(2)主要装備比較!



レクサスRCFマイナーチェンジ版 第2段は、主要装備比較について。
ご存知の通り、LEXUS RCFは着実に毎年改良が行われていますが、クーペモデルの宿命、初期に一気にオーダーが集中しますので多くのオーナーの方が初年度(2014年10月〜2015年9月)モデルと思われますので、「初期モデル」と「現行モデル」、そして「MCモデル」の比較をしてみたいと思います。

19-01-23-lexus-rc-f-track-rear-2.jpg


予想価格とはこちら
■レクサスRCF マイナーチェンジ仕様&価格は?(1)
http://www.namaxchang.com/article/464117084.html?1550071463


■エクステリア&パフォーマンス部門

「ローンチコントロール」が全車標準装備になり、2014年当時、FR車世界初装備として颯爽とデビューした新オプション、「TVD」は"Performance Package"には非装備です。
TVDは私のような平凡なドライバーには非常に走りの楽しさを感じる装備でしたが、「40kg」も増加するのは確かに痛いですね。
とはいえ、「機械式LSD」が標準装備されていないのは大丈夫かな?と思いますが・・・(TRD製のLSDオプションはあるのだろうか?)

↓クリックで拡大します。
th_スクリーンショット 2019-02-14 0.23.26.jpg

黄色の部分は、以前のモデルよりも装備が強化された部分です。
赤色の部分は、"Performance Package"専用装備です。
△印=メーカーオプション


■セーフティ&インテリア部門

セーフティ部門については、2020年モデルのマイナーチェンジであるにもかかわらず、機能のアップデートがないのは、「IS・RC系」の現状を示していますね。

しかし、あらためて見ると「初年度モデル」と「現行モデル」ではだいぶ快適性に差があるのがわかります。
ナビ画面、ハイブリッドナビ&ハイレゾ音源再生&パワーイージーアクセスシステムの装備などは発売当初から言われていたので嬉しい限り。
MCモデルでは「セミアニリン本革シートセット」が標準化されましたが、センターコンソールパネル等は樹脂塗装のままで、特段手が入っていないのが残念なところ。ここがカーボンパネルになるだけでずいぶん違うのですが。

なお、”Performancec Package"では、快適装備が軽量化のため省かれているので注意が必要です。
サーキット走行をされない方や複数所有ができない方は選択肢から除外したほうが良さそうです。

↓クリックで拡大します。
th_スクリーンショット 2019-02-14 1.23.04.jpg

黄色の部分は、以前のモデルよりも装備が強化された部分です。
赤色の部分は、"Performance Package"専用装備です。
△印=メーカーオプション


さて、気になる”Performance Package"ですが、現時点での納期はすでに「2019年11月以降」とアナウンスされているようです。・・・となると、消費税は10%のものが適用されますので、実質的なベース価格は「1430万円」前後になると予想します。


さて、次はこの”Performance Packege"の価格を簡単に検証してみたいと思います。
”カーボンエクステリアパッケージ”と、”Performance Packege"の価格差(消費税10%増税後)は約「3,100,000円」と推測されます。


追加される装備で(価格が判明している分)で積算して計算してみたいと思います。(消費税10%の税込み予想価格)


・カーボンフロントスポイラー 約27.5万
・カーボン大型ロッカーフィン 約30.25万
・カーボンリヤディフューザー 約33.0万
・カーボンパーテーションブレース 約16.5万
・チタンマフラー 約88.0万
・キャリパー塗装 約4.4万
・カーボンパネル 約5.4万
・(レス装備)セミアニリン本革シートセット △約15.95万
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
合計 1,892,000円 

つまり、3,100,000円ー1,892,000円=1,208,000円が差額となります。

この「差額」(1,208,000円)で、以下の装備がついてくることになりますね。

・カーボンセラミックブレーキ
・カーボンリヤウイング(固定式)
・軽量BBS19インチ鍛造ホイール


一般的にハイパフォーマンスカーでのセラミックブレーキは「120万円〜150万円」程度のオプション価格となっていますので、これだけで価格差がペイできる計算です。

ということで、室内の快適装備の削減と、アクティブウイングの可動機構は失われますが、上記のパフォーマンス装備が追加されることを考えると、価格設定は妥当と言えるのではないでしょうか?
むしろ、量産車では珍しいカーボンセラミックブレーキ、大型カーボンリヤウィング、専用ホイール、インテリアの専用カラー&カーボンパネル等も考慮すると、お買い得感もあるといえそうです。

この記事へのコメント

  • UCF30

    通常のRCのMCはガッカリでしたが、Fモデルでここまで走りに振ってくれればアンビエントイルミの廃止もまぁわからなくもないような…快適性を求めるならLCがありますよという事で。
    これでFは終了ですかね…寂しさはありますが、各モデルにFを出すよりLシリーズに集約して、最上級ハイパフォーマンスカーとして見せていく方がブランドとしていいPRになりそうな気がします。
    2019年02月14日 04:17
  • はじめまして

    詳細な情報を提供してくださりありがとうございます。
    初レクサスで今度のマイナーチェンジ版RCFを購入検討中なのですが、
    快適装備のある標準車に大型カーボンリヤウィングだけを取り付けたいと思っています。
    ミーハーなようでお恥ずかしのですが、とても格好いいので。
    きっと無理だとは思いますが、そのようなことは可能になるのでしょうか。
    過去のご経験等から教えて頂けますと幸いです。
    2019年02月14日 11:28
  • なまっくす

    to UCF30さん

    まさにアンビエントライトの廃止はRCFの軽量化のあおりを食った、という感じのようですね。それならちゃんと説明してくれれば・・・(他にも軽量化の手段はあるそうですが)

    今後の展開はまさしくそのとおりで「L」系モデルに集中して「F」を投入することが考えられます。もともとLF-1Limitlessでは「F」をイメージした内装が用いられていますし、可能性は高そうですね。
    2019年02月14日 21:35
  • なまっくす

    to はじめまして さん

    コメントありがとうございます。
    新型RCFをご検討のこと、羨ましい限りです。

    さて、大型カーボンリヤウイングの件ですが、理論上は可能です。
    ただ、最近の一部の限定車では車検証がないとパーツの注文ができないようになっているようで、今回の大型カーボンリヤウィングも同様になる可能性があります。
    また、問題は標準仕様のRCFでは、アクテイブリヤウイングが装備されているので、「トランク・トランクダンパー」の交換だけでなく、センサーやモーター等も作動しないようにする必要があり、それを販売店がやってくれるか、ということ保証の問題もあり、ほぼ不可能ではないかと思います。

    ということで、まずは「パーツの単体発注が可能か」を確認したうえで、「大型ウイングを取り付けてくれるショップを探す」 そのうえで、大型リウイング以外の部分について「新車保証の対象となるか販売店に確認する」、という流れになると思われます。

    ということで現実的には相当に困難であると思われます。
    (もともとのRCFがアクティブリヤウィング非装着車があれば、パーツの購入だけで済むのですが・・・)
    2019年02月14日 21:43
  • Fではない普通のRCのトランクを付ければいいのでは?
    2019年02月14日 23:18
  • なまっくす

    to 匿名 さん

    そうですね〜 通常のRCのトランクをつければいいのですが、あと懸念されるのは配線関係ですね。

    アクティブリヤウイングを制御するモーターやスピードを検知するセンサー類が車両に残ったままになります(たしか、センサーはリヤタイヤ付近にあったような)それが、機能しない状態で残っていると、車両ではエラーを検知するのではないかなぁ、と思っています。
    スピードメーター内の設定にもアクティブリヤウイングの項目が残ったままとなりますし、センターコンソールにもアクティブリヤウイングOn/OFFボタンが残ったままとなるので、それを押下した場合車両側への影響を考えるとかなりハードルが高いのでは・・・(もっとも走行自体には影響はないとは思いますが)

    2019年02月15日 00:01
  • はじめまして

    to なまっくす 様

    さっそくのお返事をありがとうございました。
    残念ですが、やはり「標準車にカーボンリヤウイング(固定式)装着」のハードルは高そうですね。

    ところで、チタンマフラーの音を早く聞いてみたいです。
    パフォーマンスパッケージでは「アクティブサウンドコントロール(ASC)」がなしとなっておりますが、この影響はどんな感じなのでしょうか。
    まあ、あれこれと検討したり調べているときが至福のときですね(笑)
    2019年02月15日 08:42
  • なまっくす

    to はじめまして さん

    チタンマフラー楽しみですね〜
    ぜひレクサスも正式発表の際に動画公開してほしいですね!

    ASCについては、RCFの場合は、「SPORTS S+」モードのときしか発動しないのですが、疑似サウンドがフロントのスピーカーからでますが、好みが別れます。個人的にはアリだと思います。現在のRCFでも搭載されているので機会があればチェックしてみてください。(GSFではリヤからも音がでるので少しうるさいかも)
    2019年02月15日 23:20
  • かねむ

    TVDのPPモデルでの不採用は色々と勘ぐってしまいます。確かに重量だけ見れば軽量化に寄与するでしょうが、もともとフロントヘビーな車両ですので前後重量比がどうなっているのか興味はあります。TRDのドラクセラ製LSDですが、すでにライセンス契約が切れているようで補修部品もTRDからは入手できないので純正採用は無いと思います。社外品への換装が必須になりそうですね。バッテリーの搭載位置がトランクとかドライバッテリー採用とかあれば、それなりには本気でトラックエディションかなとは思いますが、どうなんでしょうか?
    2019年02月16日 17:56
  • はじめまして

    いろいろ教えてくださりありがとうございます。
    マイナーチェンジ後の減速比は、現在の2.937からRCと同じ3.133になると考えて正しいでしょうか。
    それとも、そこまで詳しい情報はまだ出ていないのでしょうかね。
    軽量化、アクセルレスポンス改善とともに、加速力の強化に力を入れていますね。
    2019年02月17日 15:37
  • なまっくす

    to かねむ さん

    なるほど、確かに前後重量比どうなんでしょうね?
    バッテリーに関してはボンネットをオープンしている動画で確認したところ、従来から変更無くフロントに搭載されていました。
    ただ、バッテリーの種類まではわからなかったので、リチウム系のドライバッテリー採用であれば凄いですよね!

    また、ドレクセラのLSDはすでにライセンス切れなんですか!
    なるほど・・・せっかくローンチコントロール機能が採用されたので、ここはなんとかしてほしいですね。それともトルセンLSDでも遜色ない制御ができるようになったのか・・・気になりますね。
    2019年02月17日 21:45
  • なまっくす

    to はじめましてさん

    申し訳ありませんが、ギアの詳細スペックまでは把握していません。
    どうなんでしょうね〜

    アクセルレスポンスに関してはISF,RCF、LC500に共通する課題なので、ここがどうなったか楽しみですね。ここは、ドライブセレクトモードによる変更でもよいような気もしますが・・・
    レーダークルーズに関し、全車速追従機能のないRCFの場合は、あまりアクセルレスポンスが良すぎると、高速道路での渋滞の際に厳しくなるので、エコモードの際はかなりレスポンスをゆるくしてくれるなどの差別化を図ってほしいと思います。
    2019年02月17日 21:49
  • なまっくす

    to じんたろ さん

    情報ありがとうございます!
    いよいよRCFの動画も公開されましたね!
    日本版でもそろそろ追加情報が欲しいところです。Performance Packageだけでなく、ノーマル版の方もどこがどう変わったのか詳細な説明がほしいところですね。
    2019年03月31日 19:57