「Supra is Back!」しかし非常に気になる点も!


トヨタ・新型スープラ、さっそく話題ですね!
エクステリアも賛否両論ですが、それほど注目を集めている証拠だと思います。(当方は全然アリ!)
全国紙でも取り上げられるほどやはり人気のある車なのだなぁとあらためて思います。
日本国内のスペックも早くも公開され、クルマ好きの方にとってはトップモデルの3.0リッター直列6気筒ターボエンジンと8速オートマチックトランスミッションを組み合わせるモデル「スープラ RZ」が注目ですよね! 

https://newsroom.toyota.co.jp/jp/toyota/26144305.html?padid=ag478_from_kv


t006_o.jpg

北米では「3.0」(4万9990ドル)、「3.0 Premium」(5万3990ドル)という2つのグレード展開が行われるとのこと。

北米価格は安すぎるので、1ドル=110円換算した日本円価格(それぞれ、約550万円/約595万円)で発売される可能性はありませんが、だいたいどれぐらいの価格帯で発売されるのでしょうか?

同じ北米で販売している、レクサスのスポーツモデルで比較してみたいと思います。
レクサスの「F SPORT」で、北米の車両本体価格が「5万ドル〜5.4万ドル」前後の車種は以下の通り。
[ ]内の金額は日本の車両本体価格


●RC 350 F SPORT ・・・50,790ドル [7,070,000円]

●GS 300 F SPORT ・・・51,200ドル [6,610,000円]

●RX 450h F SPORT ・・・51,355ドル [7,176,000円]

●GS 350 F SPORT(AWD)・・・54,105ドル[7,497,000円]

つまり、北米のスープラ「3.0」は日本のレクサス販売価格に補正するとはおおむね「700万円前後」、「3.0Premium」は「約750万円前後」の位置づけです。
日本仕様の「RZ」が北米の「3.0」ベースなのか「3.0premium」ベースなのかは不明ですが、おそらく後者ではないかな、と。
ということで、新型スープラの最上級グレードは「約750万円」前後で発売されるのではないかと。(装備をオプション化して車両価格を700万円前後に引き下げる策もあるかもしれませんが、実質的な「輸入車」のようなものなのでいわゆるメーカーオプション類はかなり少ないのではと予想します。)


・・・とかつてスープラにお乗りの方であれば許容できる範囲の価格と思いますが、「86」からのステップアップを目指す方や若者層の方にとっては実用性の乏しい2シーターの車ということも相まって購入のハードルは非常に高くなってしまう印象です。



さて、新型スープラに関しては(当方は購入検討には入らないですが)非常に気になる点があります。

BMW 「Z4」、トヨタ「スープラ」はオープン/クーペという兄弟車の関係にあり、ともにマグナ・シュタイアーのグラーツ工場で生産されるものを輸入するという形をとるそうですので、生産上、多くの部品が共用されているのは想像に難くありませんが、公開された新型スープラの内装はまさに「BMWそのもの」でした。

20190114_02_11_s.jpg

スパイショットのときから判明していた「シフトレバー」や「ステアリング」の形状のみならず、ナビ、オーディオ周り、各種スイッチや文字フォント、樹脂の質感、照明の色やルームミラー、ライトスイッチ、ルームランプ類までどこからみてもBMWのそれです。
外観はトヨタだが一度シートに座るとそこは「BMWの世界」ということ。
(しかも、新型Z4より1世代古い、「旧:BMW」のインテリアテイスト・・・)

20190114_02_04_s.jpg


企画・デザインがトヨタ主導で、チューニングも含め、スープラは実質的にトヨタが開発したということであっても、インテリアを見ればそれは「まんまBMW」ですので、一般的には、エンブレムを変えただけの、「結局、BMWからのOEM供給を受けただけ」と誤認されないか心配です。

20190114_02_08_s.jpg


たとえば、ナビゲーショ画面も公開されていますが、トヨタグループが採用しているものではないことは一目瞭然。

017_o.jpg

ドライブセレクトモードもおなじみBMW方式。
026_o.jpg


現在公開されている画像からは、各種装備や電子制御系のみならず、ナビ/オーディオも含めほぼBMWの部品で構成されていると思われます。

014_o.jpg

以下は推定ですが・・・

・ウィンカーレバーは左(ワイパーは右)
・ユーロウィンカー機能あり(これは嬉しい!)
・タッチパネルではなく、「i-drive」(しかも1世代前。Z4で採用される「BMW OS7」ではない!)
・診断機はトヨタのものが使用できずBMWのものを仕様(ディーラーの設備投資が必要?)
・カーナビの「マップオンデマンド」なし
・トヨタ「T-connect」ではなく、BMWの「コネクティッドドライブ」に準じたものを導入
・トヨタセーフティセンスではなく、BMW基準の安全装備を装備
・部品もBMW準拠なのでパーツ価格も高価。
・スピードリミッター180km/h制限は撤廃?


BMW方式の方が良い点もありますが、ほぼ「BMWのインテリア」ですから、果たして乗っていてトヨタテイストを感じることができるのか?
BMWブランドのクルマに乗っている錯覚に陥るのではないか、また(穿った見方かもしれませんが)BMWに対する「コンプレックス」のようなものが気になってしまうのでは・・・
同じ共同開発の「86」のときの「スバル:トヨタ」のほぼ対等な関係とは少し違うのでは。考えすぎでしょうか?
走りさえ良ければ、という意見もあるかもしれませんが・・・・


この記事へのコメント

  • Danmarino

    いやあ、懐かしい名前ですねぇ。
    A70 スープラに乗ってたものとしてまた買いたくなりました。。。。。
    マニュアル車を買ってみたいですね。
    2019年01月16日 00:43
  • なまっくす

    to Danmarinoさん

    スープラにお乗りだったんですね!(凄い!)
    残念ながらマニュアル仕様はないようですが、相当に自信作のようですのでデビューが楽しみですね!
    BMWまんまな内装は私的には食指が動きませんが、ぜひ試乗してみたいです。
    2019年01月16日 22:30
  • いつも拝見してます。
    なるほど〜確かにインテリア情報からもいろいろ推定できるんですね。
    GRスープラとしたのも、ディーラーの設備投資を嫌ってGR扱いにしたのかも知れませんね。
    安全装備もトヨタエンブレムの取付位置からレーダーを発するタイプではないしBMW製のようですね。
    なんといってもインテリア周りをBMWの一世代前をあてがわれているのが気分悪いですね。
    2019年01月17日 20:56
  • なまっくす

    to 匿名 さん

    コメントありがとうございます。
    そうですね〜 おそらく全ディーラー販売でなくGR店舗もしくはBMWの診断機を導入するディーラーでの販売になる可能性もあるのでは・・・と思います。

    インテリアは雰囲気あるのですが、どうみても1世代前のBMWですので馴染みはありますが、賛否分かれるところでしょうね。

    走りも含めZ4とはだいぶ差別化されているとのことで、ピュアスポーツを愛する方であれば許容できるとは思うのですが、私にはちょっと合いそうにありません。
    2019年01月18日 00:12
  • やっちゃん55号!

    ご無沙汰しております、いつも情報有り難うございます!
    私の世代はみんな初代セリカXXに憧れたもので(勝手な意見(^^))、その影響もあり初めての車はTA40セリカ(通称ゴキブリセリカの1600GTV 2T-GEU)でした(人気無かったので中古が安かっただけ?)。ですので2代目セリカXXには完全にノックアウトされ、友人がTWINCAM24を買ったときは嫉妬が止まらなかったですね~(笑)さて今回のスープラ・・・LCーLFを初めて見た時の息を呑む様なときめきなど微塵も無く、えっ?これってカッコイイの??(考える時点でアウト)後ろゴチャゴチャしすぎじゃん(あくまで個人の感想です)かっこよさは時間と共に分かってくるものなのでしょうか?今でもLCを見ると惚れ惚れしてしまう自分がいます。だから初代・2代目の単純にカッコイイ!スープラになって欲しかったなぁ~というのが素直な感想です、まぁ出てきたことに意味があるのでしょうし走りも相当期待できるのでしょうけれど(トヨタが作ってない時点で期待大?)価格的にも高いグレードで700万?まぁそれなりに売れるのでしょうけど、なまっくす様はどのようにお感じになりましたか?? また個人的な話ですが、かれこれ怪我から10ヶ月が経過し、なんとかロングドライブが出来るまでに回復しました(長い!)今年こそ相棒と走りに行きたいと思います!通勤だけじゃ勿体ないですからね(笑)今年もよろしくお願いいたします(_ _)
    2019年01月18日 12:41
  • なまっくす

    to やっちゃん55号!さん

    まずは復活、おめでとうございます!
    今回のスープラはZ4に比べても個性が強いのでかあまり好き嫌いがわかれそうですが、ラグジュアリーカーではなく、スポーツカーとして割り切って制作しているのは好感が持てます。
    結局、市場に残るのは高価なラグジュアリーカーが、手頃な価格で趣味性の高いスポーツカーのどちらかということになるのでしょうか。

    デザイン的には確かに一目惚れするタイプではないと思いますが、実車を見るとまた違って見えるかもしれませんね。
    ただ、私の求める方向性とは違うので、購入検討にはなりませんが・・・
    内装が1世代前のBMWそのものという時点で食指が動かないいうのが率直なところですが、旅先のレンタカーではぜひ指名してトヨタの求めたい方向性味わってみたいと思います・
    2019年01月20日 09:31