【見積もり】LEXUS UX200/UX250h 実質価格は(2)

本日は、実質的なLEXUSのエントリーモデルを担う待望の新型車「UX」(UX200/UX250h)の見積もり(2)について。
いよいよ全国的に予約が開始されたUXですが、この週末に見積もり・ご契約される方も多いと思います。
UXは既報のとおり、価格を下げる意味合いもあるのか、かなりメーカーオプションが多い車両となりますので、事前に必要な装備を見極めて適切な装備を追加することが必要と思います。際限なくオプションを付けると、「NX」を超える価格になってしまうので悩ましい問題が生じてしまいます。
事前にどのオプションを付けるのか、ご参考にしていただければと思います。

th_IMG_3621 2 2.jpg


未だ実車公開されていませんが、注目度の高い「UX250h ”F SPORT”
車両本体価格は「478万円」(UX200は▲35万円の「443万円」)

悩ましいのが、「NX300」(2Lターボ)のメイングレード”IPackage”の「459.1万」を超えてしまうところではないでしょうか?特に実車公開後、内装の質感やラゲージの使い勝手という面で「NX」と悩まれる方が多いようです。

th_スクリーンショット 2018-10-04 20.11.05.jpg

UX ”F SPORT”ではメーカーオプションが更に増えており、すべて装着するとなんと「140万円」を超えてしまいます!

▼フルオプション・拡大図
th_スクリーンショット 2018-10-04 20.06.25.jpg

”F SPORT”の特徴として、減衰力可変ダンパー「AVS」と、リヤの「パフォーマンスダンパー」がセットでメーカーオプション(140,400円)となります。内訳としては、AVSが約10万円(+税)、リヤのパフォーマンスダンパーが3万円(+税)換算のため、妥当なところです。
UX ”F SPORT”が”version.L”より若干安いのは、この装備を標準設定していないことも要因でしょう。

また、「本革シート」がメーカーオプション(248,400円)であることにも注目です。
UXの内装の質感を少しでも高めることと、送風機能(吸い込み式)「シートベンチレーション」のために「本革シート」はぜひ装備されることをおすすめします。公開されている画像で見る限り、UX”F SPORT”の本革シートはかなりかっこいい仕上がりになっていますので。

Lexus-UX-2019-1600-39.jpg


”F SPORT”は見た目が他のグレードと異なるのも特徴。
ホイールも専用18インチが施され、タイヤは「ランフラットタイヤ」が装着されるのも国産車としては珍しいでしょう。
ただ、ランフラットタイヤはずいぶん洗練されたとはいえ、一般的にノーマルタイヤよりも固く、乗り心地では一歩譲る傾向にあります。AVS+パフォーマンスダンパーとの同時装着でかなりいい感じにはなっていると思いますが、この点も要注意でしょうか。

th_スクリーンショット 2018-10-04 21.18.53.jpg


また、”F SPORT”では、オーディオ環境を強化する「マークレビンソンプレミアムサラウンドサウンドシステム」が装着可能となります。(227,880円)
ただ、ESとは異なりスピーカー周りがアップグレードすることはなさそうで、残念です。

th_スクリーンショット 2018-10-04 21.23.07.jpg


その他、特別塗装色「ヒートブルーコントラストレイヤリング」(162,000円)は”F SPORT”専用色となります。

18-03-06-gallery-lexus-ux-reveal-30.jpg

また、ディーラーオプションの”TRDエアロパーツ”についても全て装着すると「145万円」を超えてしまいます!
フルオプション+フルエアロのUXは「770万」を超える価格となりますが、さすがにこの仕様はほとんどいらっしゃらないと思います。


まとめると・・・UX ”F SPORT”は以下の特別装備が追加されます。


・F SPORT専用外装(前後バンパー、グリル等)
・F SPORT専用内装(ステアリング、シフトノブ、スポーツシート)
・F SPORT専用アナログクロック
・F SPORT専用スピードメーター(8インチ可動式)
・アルミペダル装備(*フットレストはアルミではない)
・パドルシフト装備
・18インチホイール&ランフラットタイヤ装着
・アクティブサウンドコントロール[ASC]装備
・「AVS+パフォーマンスダンパー+ドライブモードセレクト機能追加」(*MOP)
・ハンズフリーパワーバックドア標準装備
・ニーパッドのソフトパッド表皮化
・ステンレススカッフプレート(LEXUSロゴ入り)装備


おすすめ装備を装着した場合の概算価格は以下のとおり。(フロアマット類は社外品で)
ギリギリ「575万円」に収まる計算です。
…が、NX300h”F SPORT”の車両本体価格「571.1万円」を超えてしまうのは心理的にキツイかもしれません。

・車両本体価格       …4,780,000円
・3眼フルLEDヘッドランプセット …162,000円
・BSM+パノラミック+PSKBセット …118,800円
・AVS+パフォーマンスダンパーセット…140,400円
・本革シートセット…248,400円
・カラーHUD …86,400円
・ムーンルーフ …108,000円

・その他諸税等 …約100,000円
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
合計 5,744,000


価格だけで考えると、やはり「NX300」および「NX300h」の”Ipackage"あたりが最大のライバルになりそうです。
また、ラゲージの積載能力は欧州車の同クラスと比べても少なく、注意が必要です。
駐車場サイズや自宅周辺の道路環境に問題が無い方は、「NX」等も考慮に入れて車選びをされてはいかがでしょうか。

この記事へのコメント