LEXUS 「LC-F」も目撃されている!

RCのマイナーチェンジモデルと同時に、レクサス「LC500」のさらなるハイパフォーマンス「LC-F」と推測されモデルも目撃されていることが話題となっています。
デザインやエアロパーツ、ホイールは変更されると思いますが、発売されるのは確実といったところでしょう。

レクサスLCに関しては2017年3〜4月の発売以降、日本市場においては常に月販販売目標台数を上回っており、その累計販売台数は「3000台」をすでに超えています。現在もっとも街なかで見かけるハイパフォーマンスカーの一つといっても過言ではないでしょう。


▼Autoblog LC-F スパイショットが大量に!

https://www.autoblog.com/photos/lexus-lc-f-prototype-spy-photos/


偽装も少なく、明らかにLCのハイパフォーマンスモデルといういでたちですね。

lexus-lc-f-prototype-spy-photo-10-1.jpg


もともと2017年の某主要会議にて開発中の”エンジン音”のお披露目があったという噂も・・・
2020年ごろの発売に向け開発が順調のようですね。
マフラーが4本だしというのが「F」モデルの伝統を守っており、嬉しい限り。

lexus-lc-f-prototype-spy-photo-09-1.jpg


ベースモデルのLC500が1300万円〜1400万円(*2018年8月の年次改良で5万円〜10万円程度UPと予想)ですので、限りなく2000万円に近い価格になりそうですが、欲しい方にとっては値段はあまり関係ないか?
テスト中の車両ではありますが、ホイール&ブレーキローターはドリルド&軽量化されていることが伺えます。

lexus-lc-f-prototype-spy-photo-06-1.jpg


パワートレーンは「V8・4Lツインターボ」説が根強いですね。
もともと「F」モデルは気持ちが良く伸び感のあるNAエンジンにこだわっていたわけですが、ターボエンジンを搭載するとなれば、いっそのこと今度の電動化時代を見据え、ハイブリッドの力を借りたモデルになる可能性もありそうです。

2020年にはポルシェのフルEVカー(タイカン<ミッションE>)もお披露目されているわけで、ハイパフォーマンスモデルにも電動化の流れは避けられないと思います。レクサスならではのハイブリッド技術を組み合わせたハイパフォーマンスモデルこそ、ジャーマン3ブランドの後追いではないことの証明になるのかもしれません。

big_399955_201806111733120000001.jpg

この記事へのコメント