レクサスUX 海外で新ボディカラー披露&気になる価格予想は?

11月下旬に発表予定とされるレクサスの新型車「UX」に関しては、新ボディカラーが「3色」設定されることがすでに判明していますが、そのうち1色については、メーカーオプションの「特別塗装色」であることが判明しています。

イギリスで開催されている「Goodwood Festival of Speed」にて、トヨタ・新型スープラのプロトタイプがお披露目されたようですが、同時にレクサスも「UX250h」をお披露目しているとのこと。著名サイト「lexusenthusiast」にて、報じられています。

▼lexusenthusiast
https://lexusenthusiast.com/2018/07/13/photos-the-lexus-ux-f-sport-at-goodwood-festival-of-speed/

18-07-13-gallery-lexus-ux-goodwood-1.jpg


新ボディカラーは、すでに設定されている、「ヒートブルーコントラストレイヤリング」などのような5層コートの特別塗装色と推測され、名称は不明ですが、ここでは「ブレージングカーネリアンコントラストレイヤリング」(仮称)と呼称しておきます。日本仕様のUXでは、メーカーオプションとなる予定で、価格は税込み「16.2万円」と想定されます。
この新ボディカラーはUXのイメージカラーとして起用される可能性が高いため、試乗車・展示車として導入が進むと思われます。
太陽光の下ではかなり綺麗なカラーとの話です。


その他、グリーン系、ブルー系の新ボディカラーが登場。
1つの車種に3つのボディカラーが新設定とは凄いですね。

・テレーンカーキマイカメタリック(仮称)
18-03-06-gallery-lexus-ux-reveal-33.jpg


セレスティアルブルーガラスフレーク(仮称)
18-03-06-gallery-lexus-ux-reveal-30.jpg



また、コメントいただいた中から「UX」等の新画像が掲載されている、海外サイトも紹介させていただきます。
欧州の一部販売店ではすでに「新型ES」や「新型UX」が展示されているのでしょうか?

▼grandmotor
https://grandmotor.weebly.com/blog/lexus-es-y-ux-presentacion-en-lexus-valladolid


ここでは、UX」の標準仕様シート(ファブリック)と思われる画像が公開されています。
ブルーとホワイトの組み合わせのファブリックシートは、日本仕様でも標準(ベースグレード)で設定され、「コバルト」と呼ばれるカラーとなると推測されます。ファブリック特有の毛並みを持った独特の雰囲気をもつ内装で、安っぽさがありませんね。これはなかなか良さそうです。

img-2500_orig.jpg


なお、日本仕様の「UX」に関しては細かな仕様情報も少しずつ判明してきました。
日本仕様では新開発の2L・NAエンジンモデルと新CVTを組み合わせた「UX200」と、同じく新開発の2L・NAエンジン+第4世代のハイブリッドシステムを搭載した「UX250h」が日本では導入されるのは既報のとおりです。なお、4輪駆動であるAWD仕様は、ハイブリッドの「UX250h」に設定され、UX200はFF仕様のみとなります。

今回、グレードとして、”version.C”が導入されますが、これは標準(ベースグレード)に加え、「LEDフォグランプ」、「パーキングサポートブレーキ」(PKSB)等の安全装備や、シート表皮の「L-tex(合成皮革)化」、「レクサスクライメイトコンシェルジュ」の導入、「運転席・助手席8way電動パワーシート」、「運転席パワーイージーアクセスシステム」、「カードキー」などの快適装備が追加され、メーカーオプションとして「3眼フルLEDヘッドライト」や、「ハンズフリーパワーパックドア」が装着可能となるなど、レクサス車として特徴的な装備を備える、実質的なベースグレードに位置付けられると想定されます。
(※装備はいずれも推定)


CTと同様、UXの"標準"と”version.C"の装備格差は既存のレクサス車と比べてもかなり大きいと思われ、この目的は価格を「ある水準」以下に引き下げることが主目的と推測されます。
(I Packageは、標準グレードの、装備を増強する意味合いで、version.Cは、標準グレードの最低価格を引き下げるために設定されるものと解釈しています)

なお、装備面を鑑みても、ハイブリッド車の「UX250h」が「CT200h」(標準)の377万円よりも安くなることはあり得ませんし、「CT200h」のわずか20万円高の400万円弱で「UX250h」が発売されるとは思えません。
よって、ガソリンモデルの「UX200」の価格をインパクトのある「400万円未満」とするための戦略ではないでしょうか?
また、兄弟モデルの「NX300」(標準)の価格が「約440万円」ですので、UX200(標準)の価格がこれを超えることもありえません。
よって、ガソリンモデルの「UX200」(標準)の価格レンジは「約400万円〜390万円」程度ではないでしょうか?
(ハイブリッドモデル「UX250h」はさらに55〜60万円程度のUP)

みなさんの予想はいかがでしょうか?

この記事へのコメント

  • Lulu

    確かにオレンジはイメージカラーっぽく載ってたと思います。新色3色のカラー名称は、すみません覚えてないです(-。-;記憶力が…
    ブルー&ホワイトの内装はF SPORTS以外で設定がありましたよ。
    F SPORTSはいつもの3色、各グレードダッシュ上のマテリアル3色(ブラック、ブルー、レッド)など。
    価格に関しては世間のインパクトと各グレードのオプションや諸元を見る限りの予測ですが下限は思いの他低く、CTに近いレベルで来るかもしれないですね。
    何はともあれ走行性能の高さ、装備、質感はかなり良いようなので楽しみです。
    早期予約しないと納車期間が相当ヤバそうな感じですが…
    2018年07月18日 13:53
  • なまっくす

    to Luluさん

    コメント並びに情報ありがとうございます。

    3色は・・・
    ・ブレイジング〜
    ・〜カーキ
    ・セレスティアル〜
    って感じですかね?

    私もこのスペックと装備でCTに近い価格と想定される価格は凄いと思います。UX200がかなり良さそうです。
    納期はただでさえ、納期遅延が起きている九州・宮田工場なので、半年待ちは確実でしょうね。このまま景気が落ち込まなければかなりヒットしそうです。

    ただ、ラゲージの積載能力がかなり低く、この点はボディの短さがネックのようです。アウトドアや荷物を積む方は要チェックですね!
    2018年07月18日 23:44
  • かずぽん

    こんにちは。
    オランダのLexusのホームページにUXのカタログがアップされていましたのでお知らせします。
    https://data.lexus.nl/home/data/LexusV8/brochures/ux-250h.pdf
    ボディーや内装の色やヨーロッパでの燃費などが確認できます。
    2018年08月04日 13:22