新型クラウンは初期受注5万台超えなるか? &LEXUS GS販売推移

公式にはアナウンスされていないようですが、ニュースサイト等では新型クラウンの事前予約は「4万台」を超えているとの凄い話です。セダン不信と言われる中、信じがたい数値ではあります。なお、クラウンを扱っている販売店(*東京では、トヨタ店だけでなく、トヨペット店でも扱っている)では「過去最大数の予約受注」をマークした店舗も多いようで、相当な予約が集まっているのは間違い無さそうです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180609-00010000-kurumans-bus_all

発売前からジャーナリストの試乗会を実施・情報解禁を行い、6月26日の正式発売日には社長自らがコネクティッドを含めた新車発表会を行うようで社運をかけた1台といえます。

0449_o.jpg


なお、先代のクラウンに関しては、トヨタ自動車がニュースリリースを出しており、「2013年1月30日、新型「クラウン」の受注台数が発売からおよそ1カ月で約2万5000台」とのことです。

クラウン (25,000台)
https://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/1831061

マジェスタ(2,800台)
https://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/1696632

つまり、合計では約28,000台前後、これは予約開始〜発売1ヶ月後の台数です。

一方、新型クラウンはすでに4万台を超えているとのことですし、今後正式発表され、”コネクティッド”が想像より凄いものであった場合など、受注が加速し、発売1ヶ月後の受注台数は「5万台」を突破する可能性はかなり高いのではないでしょうか?
つまり、新型クラウンは、現行クラウンよりも約2倍程度の売れ行きということとなります。これは凄いですね・・・


さて、これだけ人気が集中するとなるとやはり影響を受ける車は同ジャンルのFRセダンということになるでしょう。
いくらクラウンがニュルで鍛えた、レクサスのプラットフォームを活用したといっても、拘りのある輸入車オーナーからの乗り換えは容易ではないでしょうし、ミニバンやSUVからの乗り換えも容易ではありません。
よって、一番比較されやすいのが「レクサスGS」(GS450h/GS350/GS300h/GS300)であるでしょう。

日本や北米などでは「GS」は当面継続販売することが決定。しかし、当面、大幅な改良予定もないこともあり、安全装備や走行性能・フィーリング等を大幅に強化した新型クラウンに見劣りすることとなり、販売数にも影響が出てくると思われます。


そこで2015年冬にマイナーチェンジを実施し、本格的に一般オーナーへのデリバリーが開始された、「2016年1月以降」レクサスGSの各モデル毎の「販売推移」を見てみたいと思います。

<LEXUS GS 販売台数推移>

スクリーンショット 2018-06-24 9.36.34.jpg


「紫」はGS全体の販売数ですが、マイナーチェンジ後の新型効果で、2016年1月〜3月は500台以上の販売をマークし好調でしたが、その効果は続かず、2016年4月以降は、ターボ(GS200t)が発売し、販売店に一斉に試乗車や初期受注車が配備された2017年9月を除き、月/500台を超えることはありませんでした。
ここ1年では、決算時期を除き、販売台数は月/300台以下となっていますが、大きく販売が落ち込むことはなく、なんとか踏みとどまっている状態。これが、新型クラウン発売により、どうなるでしょうか?


「黄色」はGS300hであり、現在のGSラインナップでは一番の稼ぎ頭で、全体の過半数以上を「GS300h」が占めている主力モデルとなります。そして、新型クラウンの発売によりもっとも影響を受けるのもこの「GS300h」となるでしょう。
新型クラウンの販売主力は「2.5LHV」のようですし、ハイブリッドシステム自体、新世代にアップデートしていることから、実燃費、フィーリングともにクラウンが上回ることは間違いありません。

「赤色」はGS450hで、高価格でありながら比較的安定した販売台数をマークしています。システム的には旧世代となりますが、新型クラウンの3.5L"マルチステージハイブリッド"の過剰とも言える動力性能とエンジン制御&フィーリングが苦手な場合は「GS450h」の価値が出てくる可能性もありそうです。静粛性とエンジン回転の滑らかさという面ではこのGS450hの方が高いことが推測されます。
もともと装備面でも優位であることから、後席装備が充実している「GS450h version.L」は独特なポジションを獲得できる可能がありそうです。

「オレンジ」はGS350で、新型クラウンにはないNAエンジンモデルとなります。レクサスでは全般的に3.5LNAエンジンモデルの人気が壊滅的ですが、GSに限っては一定の需要があり、もっとも安定したセールスを記録しています。
また、GS350 F SPORTの後輪操舵(LDH)の存在などはクラウンにもないスポーティなもの。
国内でも希少となった大排気量NAエンジンモデルとして引き続き安定的なセールスが期待できそうです。


「緑」はGS300・GS200tであり、2016年夏の改良で投入された2Lターボエンジンですが、GS250も同様(図では青色)でしたが、「GS」では小排気量エンジンの人気がなく意外なことにもっとも販売数が少ないモデルとなっています。
新型クラウンにも同じエンジンシステムが搭載されるので影響がありそうです。


新型クラウン発売以降はレクサスGS全体の販売状況に影響を与えるのは間違いないでしょうが、内装の質感や快適装備・後席装備、静粛性等では引き続き優位性が高いと思われること、ディーラーサービスの強化、ブランド力の向上等昨今の取り組みを考慮すれば「GS」を選択する存在意義はまだまだあると思います。特に、スポーティ過ぎない「version.L系」は、新型クラウンがスポーティ寄りとなったことでクラウンロイヤル・マジェスタオーナーは一考ありかもしれません。


large-3-7.jpg

この記事へのコメント

  • エラン

    いつもブログを楽しみに拝見しております。

    昔ブログにHS250hの記事を書かれていらした頃に、当時ISとHSのどちらを買うべきか悩んでいた私は、記事を参考にHSを購入したほどです(^^)

    さて、新型クラウンがこれほど売れるのは、「車幅1,800mmを頑なに守り、首都圏の道路・駐車場事情を踏まえたボディサイズを維持しながら、それなりの車内サイズでゆったりできる」・「車両価格が一般サラリーマンが背伸びすれば買える程度」の2点に集約される気がしています。

    私は愛車のHSが7年10万kmを超えたので、そろそろ買い替えたいと思っているのですが、フルモデルチェンジのサイクルが早いクラウンよりも、できればレクサス車を購入したいと考えているものの、HSは廃盤になり、新型ESを期待していたところ、あまりにもボディサイズが大きすぎて、クラウンも視野に入れるようになりました。

    新型ESはFFであのサイズですから、(HSでも取り回しがあまり良くないので)取り回しに苦労することは間違いなく、全長がほぼほぼ5mでは、近所のスーパーに買い物に行くのもはばかりそうです。

    新型クラウンは車内のインテリアが少し好きになれない点があり、レクサスUXが発売されるのを待って、車を買い替えようと思う今日この頃です(^^ゞ

    今後、ブログでのクラウン・ES・UXのレビュー記事を楽しみにしてますので、よろしくお願いします。
    2018年06月24日 13:17
  • ダイフサ

    こんばんは。

    クラウンの受注数はそんなに多いんですか。価格自体は前のモデルよりだいぶ上がりましたし、セダン離れが進む中、予想以上の数字ですよね。クラウンオーナーの平均年齢は65歳くらいとのことですが、若い世代にも支持されているのでしょうか。

    26日に発表されるコネクティッドにも注目しています。ベンツにあるようなスマホとの連携とかが搭載されるのですかね。そして、その機能が新型ESにも付くといいなと思っています。

    ところで、ディーラーの方から、今週新型ESの日本仕様の情報が下りてくると伺いました。週末にでも詳細を聞きに行こうと思っています。
    2018年06月24日 20:31
  • なまっくす

    to エラン さん

    コメントありがとうございます。
    そんなに以前から見ていただいているとは、感激です。
    HS250hはレクサスの救世主でもありましたが、最後は寂しい終わり方に・・・しかしどの車種にもHVが設定されるようになったのは専用車の活躍もあってのことと思います。

    未だにHSは現役で街なかで見かけますし、乗降しやすく、後継車がないと嘆いていらっしゃる方が結構いらっしゃるようですね。

    車格的にはESが一番良いのですが、確かにそのボディサイズと最小回転半径の大きさはネックになりそうです。
    私も注目しているのですが、UX250hのversion.L、これこそがHSの後継車となり得るのではと考えています。
    ただ、幅は1840mm程度と結構大きいですので、そう考えると日本でも扱いやすいギリギリのサイズをキープしたクラウンはさすがと思います。ヒットの要因はまさにエランさんの仰る通りではないでしょうか。じっくり試乗してみたいです!
    2018年06月24日 21:45
  • なまっくす

    to ダイフサ さん

    クラウン、凄い予約受注数ですよね。今回、デザインが統一されたことによる賛否両論はあると思いますが、全般的に4ドアクーペっぽくかっこよくなっているので、若返り効果はあると思います。ただ、ナビや安全装備の標準化により、新規オーナーをどれだけ取り込めるかはまだわかりませんね。
    コネクティッドに関しては、おそらく大半はすでにレクサスで標準搭載しているもので、それほど驚くものはないのではと思うのですが、本体の機能をワイヤレスアップデートできるかどうかがポイントと思っています。スマホアプリLINEの連携は便利そうですが・・・

    そして、ESですが、確かに今月末にはいよいよ情報が降りてくるみたいですね!ただし、今回から紙の媒体ではなく、デジタル配信のようなのでこれは痛いです・・・。いよいよ詳細情報が判明しますね!
    2018年06月24日 21:51
  • ハクボ

    今、GS450h versionLに乗っています。次期GSは出ず、ESに集約されるということで、GSが、2.5LのハイブリッドしかないESになり、更には、車幅が
    1865になるという完全に日本人ユーザーを無視した車になるということで、我慢仕切れずクラウン3・5LG-Executiveの契約をしました。記事中にGS450hバージョンLの価値が出てくる可能性あると書いてありますが、動力性能・静粛性・安全装備は全てクラウン3.5LG-Executiveの方が勝っており、ほぼ同じ価格であることから、多くの人はGSからクラウンに流れていくのではないで
    しょうか。レクサスはLSの大不評に続いて、ESの単一エンジンに対する不評が出て来るのは間違いなく、厳しい状況になりそうな予感がします。
    2018年08月06日 09:47
  • なまっくす

    to ハクボ さん

    コメントありがとうございます。
    また、このたびはクラウン3.5Lフラッグシップモデルのご契約おめでとうございます。

    GSオーナーの方の今後の選択肢は本当に悩ましいですよね。
    確かにクラウン3.5LHVが最有力候補になると思いますが、気になる点としては、3.5L"マルチステージハイブリッド"に関してはかなり好みの分かれるユニットであることです。当方はまだクラウン3.5LHVには試乗していないのですが、ジャーナリストほか、SNSでの素人の方の試乗レポートを見る限り、煩雑なエンジンON-OFFや長い坂道等、EV状態で走行している際、意図しない状態からいきなりエンジンをONしてエンジンブレーキをかけようとするDMI制御が残っていたりするなど、違和感があるとする意見もかなり目立ちます。従来型の慣れ親しんだハイブリッドシステムを搭載したパワー型のHVはGS450hのみになってしまうため、この点が再評価される可能性もあるのでは・・・と予想しています。

    差し支えなければ、ご納車の後、GS450hと比べての印象等、お教えいただければ大変うれしいです。

    ESに関しては価格帯の割に、パワー不足という意見が出てきそうですね。北米のようにNAモデルの投入は難しいのかもしれませんが、エンジンラインナップの拡充には期待したいですね。
    2018年08月06日 19:47