マガジンX発売〜新型クラウンに驚きの「マルチステージハイブリッド」採用?

毎月26日は輸入車を中心に車雑誌が多数発売されますが、ニューモデルマガジンXも発売されます。
そのマガジンXですが、2018年5月号、表紙にレクサスの文字はありませんが、レクサスファンならば要注目の記事が!
https://mag-x.com/free_cont/index_member.html

▼楽天ブックス マガジンX 2018年5月号

NEW MODEL MAGAZINE X (ニューモデルマガジン X) 2018年 05月号 [雑誌]

価格:650円
(2018/3/26 19:38時点)
感想(0件)




1つ目は「新型クラウン」に関する記事です。
当方は以前から、新型クラウンは「2L直4ターボ」と「2.5L直4のハイブリッドシステム(カムリのFR版)」を当初発売し、マジェスタは廃止、と予想していました。そしてスポーツグレードにはGS350やIS350、RC350で改良採用された「3.5L V6エンジンの2GR-FKS」を採用・・・つまり、さすがにLC・LSで搭載された「3.5L+マルチステージハイブリッド」の搭載はコストの面からも採用はないだろうと・・・

th_DSC01969.jpg

しかし、マガジンXによると、「マジェスタ」の廃止の代わりとして、レクサスLC/LSに搭載された、「3.5L+マルチステージHV」が搭載されるとの衝撃の記事が!しかも記事には社内秘である「スタッフマニュアル」からの情報と思われるボディカラーやグレード名のほか、トヨタセーフティセンスやマルチメディアシステムの詳細情報が掲載されていることから、かなり精度の高い情報と思われます。(ちなみにベ○トカー誌でも同様主旨の記事あり。もっともこちらはハズレ記事が極めて多いのですが・・・)
th_スクリーンショット 2018-03-26 21.27.46.jpg

ここで問題なのは既存の「LS500h」/「LC500h」との関係です。
レクサスに搭載されたエンジンやハイブリッドシステムをトヨタブランドに搭載するのはごく普通の話なのでその点は問題はないのですが、マルチステージハイブリッドシステムは、LCとLSでもかなり高価な設定となっています。

具体的に・・・
 ・LSでは「ツインターボ」と「マルチステージハイブリッド」の価格差は「約140万円」となっています。
 ・LCでは「V8」と「マルチステージハイブリッド」の価格差は「約50万円」となっています。
 ・GSでは「V6」と「2.5L+ハイブリッド」の価格差は「約30万円」(V6の方が高い)となっています。
 
 つまり、マルチステージハイブリッドは新開発のV6ツインターボやV8エンジンよりも高価に設定されています。
 それをクラウンに搭載とは、マルチステージハイブリッドモデル採用モデルの価格はどうなってしまうのか?
 

現行のマジェスタは、「約643万円〜約699万」(特別仕様車除く)レンジですので、これより大幅に価格が上がることは確実(そもそもトヨタセーフティセンスの標準採用で+15万は最低でもアップする)。そのため、おそらく「800万円前後」にはなってしまうのではないかと・・・
それでも「LS500h」との価格差は最低でも300万円以上あるわけですが、果たしてそのような値付けをしてまでクラウンとして発売する必要(ニーズ)があるのでしょうか?

carlineup_crownmajesta_grade_3_15_lb.png

これにはいくつかの背景があると考えられます。

まずは、新型「LS」が後席重視のクルマではなく、「ドライバーズカー」にシフトしたこと。
これにより、従来のように市街地での乗り心地などコンフォート性を追求する方や、ショーファーカー的な使い方をする方はLSではなく、「新型クラウンをどうぞ」ということかもしれません。

th_DSC01767.jpg

次には、「レクサスGS」の後継モデルが見えてこないということ。
GSに関しては残念ながらモデル廃止が徐々に現実味を帯びてきており、マイナーチェンジの噂も聞こえてきません。よって、「GS450h」を全面改良してLSやLCの「マルチステージハイブリッド」を搭載することはないでしょう。
一方、「GS450h」オーナーの新たな移行先として駆動方式がFFベースの「ES」では物足りない。また、「LS」ではボディサイズも大きすぎる、また価格も高すぎる・・・ということで、GS450hの後継として、マルチステージハイブリッドを搭載した「新型クラウンをどうぞ」というシナリオなのかもしれません。

img_gallery_01.jpg


なお、当方も所有して感じたのはLS/LCの「3.5L+マルチステージハイブリッド」は数値的には「500」というより、限りなく「450」に近いと思います。(つまり、本来のネーミングは「LS450h」/「LC450h」の方がイメージに近く、少なくともV8エンジン搭載車の「500」シリーズと同等ではない、ということ)
よって、GS450hオーナーや現行マジェスタオーナー、そして新型LS500hの方向性に違和感を持つオーナー層を「新型クラウンで取り込む」・・・と考えれば新型クラウンに3.5L+マルチステージハイブリッドシステムの採用は頷けます。

th_DSC01975.jpg

しかし、それにしてもLSやLCとの価格差は相当あるため、レクサスオーナーに配慮するのであれば、エンジンやモーター出力を多少デチューンし、「燃費寄りに振って(数値的な)性能差」を出す、という可能性は考えられます。
具体的例としては、最高エンジン回転数を6600回転から6000回転程度に落とし、燃費はリッター18キロ台を目指す、というもの。

しかし、特に同じセダン型の「LS500h」のオーナーさんにとってはまさに衝撃、ではないでしょうか?
内装の仕上げや快適装備はLSとクラウンで相当差があると考えられますが、「1120万円〜1640万円」もするLSと新型クラウンが「同じエンジン+HVシステムを搭載」、という衝撃はかなりのものと感じます。
また、いわゆるメディアでの比較の際にも、クラウンとLSでの価格差が問題となるのは想像に難くありません。
今やダウンサイジングの時代とはいえ、「LS」と「クラウン」に同じエンジン+HVシステムが搭載されるのは初ですし、しかもクラウンは小型、軽量。新型クラウンの方がコンフォートかつ乗り心地が良い可能性も高いです。

日本において強力なライバルであるクラウンのフルモデルチェンジに伴う「マルチステージハイブリッドシステム」の採用と、アルファード/ヴェルファイアの高性能・高級化に伴い、日本における典型的なセダン型の「LS」の存在意義が問われることになりそうな予感がします。新型クラウンの正式発表にはドキドキしちゃいますね。

(ちなみに、もう2つ目の注目点は「ザ・総括」にLS500が登場! 採点は如何に?)

この記事へのコメント

  • LSオヤジ

    こちらの記事はいつも楽しく読ませていただいております。
    当方、LS600hからLS500hに乗り換えて所有しております。
    まず、出力が600hの時と比べて段違いで低く、かなり残念な気持ちになりました。

    あと、新型クラウンに500hと同じシステムを搭載することでLS500hのオーナーが衝撃を受けるとの記載がありますが、私は特に何とも思いませんよ。
    トヨタブランドの方レクサスブランドよりが進んでいることもありますし、気にする人はそんなにいないのではないかと感じました。
    2018年03月27日 21:00
  • なまっくす

    to LSオヤジさん

    コメントありがとうございます。
    やはり、出力の違いは気になられましたか!同様に感じる方は多いようで、開発陣が今後どのように熟成していくのか、見守りたいですね。ツインターボエンジンに換装するのでは、との期待論もありますが・・・

    クラウンに3.5L+マルチステージハイブリッドがそのまま搭載されるかどうかはまだわかりませんが、賛否両論ありそうに思います。
    しかし、欧州車でも同様のことが起きていますし、気にされない方も多いかもしれませんね。
    2018年03月27日 22:40
  • 山師

    新型クラウン、エントリー価格が一気に400万円台後半に跳ね上がるそうですね、全体的に現行の40~50万増しとか
    マルチステージ搭載グレードは車体本体税込みで700万円程度と見ようによってはバーゲンプライスですが
    2018年05月12日 04:29
  • なまっくす

    to 山師 さん

    新型クラウン、週末に一斉に見込み客に見積書等を送付している販売店もあるようですね!

    今回のクラウンはコネクティッドカーといわれるぐらいなので、多くのグレードでナビゲーションシステムなどが標準と思われますし、TSS+進化版も装備されるとなると+50万程度の上乗せはやむを得ないと思われます。

    3.5LマルチステージHVの登場で、レクサスLS(LS500h)の売れ行きが一気に落ちるのは明確ですね・・・一般的には高価と思わますが、LCとLSのハイブリッドからするとバーゲンプライスと思います。
    2018年05月14日 20:09