新型 LEXUS LS500h F SPORT 静的質感をチェック!

本日は2回めの東京モーターショーへ。
4時以降入場できるチケットが900円と安いので今回はこれを使用しました。

と、その前に 新型LSの F SPORTのフォトを・・・。

新型LS F SPORTでは特別塗装色として、ヒートブルーコントラストレイヤリング(ultrasonicblue2)が準備されていますが、実際にこの色のLSのを町中で見る機会はそれほど多くは無さそうです。
個人的に気になる、フロントバンパー左右ロア部の「ブラックのグリル」もあまり目立たず、なかなかいい組み合わせと思いました。

th_IMG_9456.jpg

ちなみに、TMSに展示中のホワイトのF SPORTのロアグリル付近はこんな感じで。
下部までブラックアウトしているのとちょっと面積が大きすぎるのが個人的にかなり気になります。ボディカラーと同色のリップスポイラーをつければいいんでしょうけどね。
新型IS以降のF SPORTのフロントバンパーのデザインはこういうテイストですが、あんまり好きじゃないです。

th_DSC02027.jpg


ホイールは20インチの鋳造ホイールで、重々しさがあります。色合いもよくあるタイプのもので、これは前LSのF SPORT仕様の、BBS鍛造ホイールのほうが圧倒的にカッコいいと思います。
F SPORTオーナーなら社外品に換装する方が多いでしょうから、あまり気にする必要はないのかもしれませんが・・・
1000万円を超えるクルマのスポーティversionのホイールとしては地味すぎるかと。

th_DSC02020.jpg

 
F SPORT仕様の他のグレードとの外観上の差別点としてはリヤディフューザー付近ですね。
マフラーの存在感はまったくありません。なお、ハニカム柄のクリアブラックのダミーパネルがありますが、機能性を伴わないこういうのは個人的にはあまり好きではありません・・・
その他の場所はダークグレー塗装とメッキの組み合わせでなかなかカッコいいです。

th_IMG_9452.jpg


内装では、他のグレードとの違いは「名栗調本アルミパネル」ですが、(以前から感じているのですが)あまりにも表面仕上げが美し過ぎて、アルミっぽさがあまりありませんね。評判はどうなのでしょうか?
あと、LCと同意匠のインナードアハンドルの内側にある「ベゼル」ですが、これが結構目立ち、質感が高くないのは気になりました。ここは、表面をブラックのウルトラスエード貼りをしてほしかったところ。私ならここは真っ先にウルトラスエードやアルカンターラ等の素材を貼るか、専門業者に塗装をしてもらいますね。

th_IMG_9451.jpg

ちなみに、リヤのインテリアパネルが前席より広いのは新型LSの特徴ですが、スピーカーグリルは非マークレビンソン装着車だと、ネット素材でした。もちろん、必要以上の質感は確保されていますが、マクレビ仕様のスピーカーグリルがおしゃれで目立つ部分にあるだけに、LSの場合はマークレビンソンオーディオのメーカーオプション装着は意匠面を考慮しても必須では・・・と感じました。

th_IMG_9467.jpg

前席に関しては、F SPORTでもその他のグレードとスカッフプレートの仕様は変わりません。
従来のレクサスでは、「F SPORT」や「Fモデル」は、専用の「ブラックロゴプレート」仕様ですが、第3世代のレクサスでは、基本的にステンレスのスカッフプレートにロゴが裏側から型押しされた加工となっており、これは賛否両論あると思います。日本仕様では、イルミネーション付きのものプレートも準備されていないところは気になるところですし、これが第3世代の特徴、ということなのかもしれませんが、もう少しドアを開けたときのちょっとした満足感がほしいと感じます。

th_IMG_9463.jpg


さて、シートに座り運転席側でまずいいな!と思ったのは(F SPORT以外でも同じですが)ETCユニットや小さな操作スイッチのボタンの間にサテンメッキ調の加飾が入ったこと。なにげにこのようなところは嬉しいです。ちなみにLCでは黒一色。
第3世代のレクサスでは基本的にETCユニットは運転席「右下」に配置するのでしょうね。ただ、もう一つ小物入れもしくはスペアのETCカードを収納する隙間を近辺に設けてほしいです。

th_IMG_9454.jpg


もう一つ必ずチェックしなければいけなかった、ルーフの「グリップ」ですが、これは残念ながらF SPORT専用意匠ではありませんでした。パンチングレザーに拘ってほしかった・・・ここは旧LSからグレードダウンしたところですね。

th_IMG_9458.jpg

フロントシートは大きさも座り心地もよく、とても良いと思いました。座面が伸縮する機能はLCのLパッケージのセミアニリン本革シートにもぜひ採用して欲しいです。
なお、LS F SPORTのシートは「本革+ウルトラスエード」ですが、ウルトラスエード使用部位はブラックの部分だけなので、LCと違い、メインの座面は本革ですので、滑りにくさという点ではあまり効果がありません。
しかし、全体的な仕立ての良さや大柄な体格の方も包み込む大きなシートはさすがフラッグシップというところでしょうが、縫製やレザーの端部の処理が綺麗すぎて、これは自動車評論家の方からすると逆に(工業製品っぽくて)物足りなく感じるのでは、と感じました。

th_IMG_9465.jpg


パーフォレーション自体が柄になっているのはイイですね。 
これは他のF SPORTシートにも取り入れて欲しい!

th_IMG_9462.jpg


後席に関して、 F SPORTでは ごく普通の仕立てで特に驚くべきところはありません。アームレスト先の操作パネルもクリアブラック仕立ての各種スイッチがある程度で、液晶パネルなどは存在しません。
小物入れ内側のUSB端子は2.1Aの急速充電対応なのは素晴らしい。

th_IMG_9468.jpg


F SPORTでは、後席エアコン吹き出し口の仕上げもごく普通です。
価格帯を考えたら、F SPORTでも4座独立空調調整式や、液晶画面を追加して手動で作動状態の表示や調整が出来て良いように思うのですが・・・
フラッグシップ車のF SPORTでこの仕立てですから、それ以外の車種のスポーツモデルにおける後席の質感はこれを上回ることがないのは当然で、その意味では残念。例えばパナメーラなどは後席も結構ゴージャスですからねぇ・・・。

th_IMG_9469.jpg


ところで、LSと同じ6ライト形状の新型クラウンの「RS」がだんだんかっこよく見えてきてしまいました。
詳細スペックが気になってしょうがありません!
th_IMG_9503.jpg

この記事へのコメント