マイカーで北海道に行ってみよう2!(洞爺湖〜富良野・美瑛編)

マイカーで北海道にいってみよう その2です。

今回の「のんびりなまけにっき」旅行では新潟港を出向し、翌日の朝の4時半に小樽港に着きますが、漁港がある小樽であっても早すぎて殆どの店舗が空いていません(笑)
普段は人の多い小樽運河も撮影し放題ですが、でも不思議なことに観光客がまったくいないとそれはそれであまり気分が盛り上がりません・・・

さて、北海道旅行最初の食事は、札幌市内でモーニング!といってもコメダですが(笑)
駐車場付きのお店なので安心できます。
ちなみに、札幌市内は人も多いので、視線が非常に痛いです!
このクルマは・・・現時点では非常に注目されます。交差点でもスマホで撮影されることも何度も・・・

th_IMG_8862.jpg

後は「支笏湖」を経由して鶴雅グループのホテルでランチ&スパを・・・
札幌市内から支笏湖は、国道453号を使い、約45km程度。
市内を離れると山道となり適度なワインドディングが続き、なかなか気持ちのよいドライブが楽しめますが、ここでようやく「マルチステージ・ハイブリッド」の違いが分かりました。
th_DSC01405.jpg

従来のトヨタ・レクサスハイブリッドシステムと異なるのは、坂道・下り坂で、アクセルオフをした際に、エンジンが完全停止しないシチュエーションが非常に多いことです。
従来のシステムでは、燃費を稼ぐため、ここでエンジン停止が行われますが、LCのマルチステージハイブリッドでは、長い下り坂でも、先にカーブがあるところでは、エンジンを停止させず、仮想ギア段をロー側にシフトし、ドライバーのアクセルオンに備えてある程度エンジン回転をキープしています(2000-2500rpm程度?)。

これは、ナビゲーションからの地図情報を読み取っているものと思いますが、たしかに下り坂でも積極的に「踏んでいける」点では優れていると思いますが、例えば、山道などで前走車何台もいてがまったり走りたい際などは、エンジンを完全停止してくれてもいいのに・・・と思ってしまいます。例えば、ドライブセレクトモードが「ECO」や「COMFORT」の場合は、ドライバーはアグレッシブな走行を好んでいないと判断し、従来のシステムのような制御でも良いのでは?と思いました。

この制御は、LCやLSで採用される、DMI制御(ドライバーマインドインデックス)と思いますが、人間はその時の天候や体調、同乗者の有無、気分により運転の質が変わりますので、それをAIのように判断して走行をサポートするのはやはりまだまだ難しいのであろうと感じました。
なお、スポーツモード以上では、パドルシフト操作をしなくても、ブレーキング時にダウンシフトの制御と同時に軽いブリッピングも入りますのでこれは結構気持ちが良いと思いました。

さて、今回の旅の一つの目的が、レクサスカードの広報誌「Moment」より先に洞爺湖のウィンザーで撮影することです(笑)ちょっと霧がかかっていましたが、適度に改装されていてあまり古さは感じませんでした。
ということで初日の宿泊は、サミットでも使用された、ウィンザーホテルです。

th_DSC014682.jpg

エントランスで。(ちなみにスタッフの方には事前に撮影許可を得ております。)
エントランスはなかなかの高級感がありますね〜 さすが名ホテルだけあり、クルマの誘導や乗降後のドライバー・助手席乗員へのサポートなどの動作に無駄がなく、上手いです。
しかし、さすがのウィンザーのスタッフもLCのトランクをどうやって開けるかはわからなかった模様。
あれは確かにわかりませんよね。

th_DSC014592.jpg

ちなみに駐車場は地下にあるのですが、大変幅も広い自走式駐車場なので、LCでも余裕です。
インターネットで探しても地下駐車場の状態がわからず少々不安でしたが、大型サイズでも大丈夫です。
th_IMG_88942.jpg

部屋はせっかくの湖側でしたが、霧でほとんど景色が見えず残念でした。
なお、ウィンザーでの宿泊は初でしたが、朝食が非常に美味しかったです。
th_DSC014522.jpg


2日目は洞爺湖を出発し、定山渓〜札幌まで再びワインディングロードを楽しみながら札幌市内へ。
マルチステージハイブリッドは、都市部の一般道(60km/h以下)を走行していても従来のシステムとの違いがほとんどわかりませんが、北海道に来てからは楽しくドライブ出来ます。
時速40-50km/hぐらいまではV8モデルよりスムーズかつ速いのでいい感じです。
また、高速道路で追い越し後に走行車線に戻る際などのとっさの加速はとても気持ち良い。

ただ、バッテリーメモリが2以下だと、アイドリング時にエンジンが停止しないのですが、その時のエンジンサウンドは質感も低く、かなりイマイチですねぇ。そのほか、徐行時など、低負荷時のエンジンサウンドが安っぽくてあまり好きではありません。

札幌ICから高速道路に乗って「三笠IC」で下車し、そこから国道452号と道道135号を使う、下道の定番ルート。
この区間は結構取締も多くて、速度制限切り替わりポイントが多いですが、ここはレーダー探知機の機能が非常に役立ちます。仮に道路標識の速度切り替わり表示を見逃してもレーダー探知機の画面には写っていますので非常に便利。
新型LS以降は、道路標識情報がスピードメーター内に表示されるのでより安心ですね。(国内版のLCでも導入してほしかった!)

人気スポット「ファーム富田」は外せないポイントですが、9月に入ると既にシーズンは過ぎているのでラベンダーは大半が収穫済でしたが、一部エリアにはまだ残っていて人々の目を楽しませていました。
ちなみにこの駐車場で、アクセル・ブレーキ踏み間違えと思われる若者のレンタカー衝突現場を目撃・・・
http://www.farm-tomita.co.jp

th_IMG_8924.jpg

そのほか、美瑛エリアの「四季彩の丘」もとても好きな場所です。ここは年々美しくなっている感じがします。
http://www.shikisainooka.jp

th_IMG_8927.jpg

美瑛エリアはもっとも好きなエリアで、何時間いても飽きません・・・が旅行中なのでそうも行ってられないのが辛いところ。
th_DSC01511.jpg


9月平日の夕方ということもあり、観光スポットも人はまばらで、しばらく夕暮れを眺めていました。
th_DSC01517.jpg


北海道2日目は札幌市内の定宿に宿泊なのですが、夜食は行きたいお店が臨時休業だったため、駅前のイオンモールの中にあるスープカレーのお店(lavi)に。新千歳空港内にもあるので有名なお店ですね。
https://011bros.com/shop/asahikawa

なかなか美味しかったけど、北海道は美味しいお店が多数あるので、その中では普通かもしれません。
東京にももう一度スープカレーブームが来て欲しい・・・

th_IMG_8943.jpg

この記事へのコメント

  • 筋肉祭

    北海道はもう10年も行っておりませんが、また行ってみたいところです。

    中国地方からだと車で北海道、というのはかなりハードルが高いのですが
    それでも振り返ってみれば、目的地がどうとかで無く、ドライブのためのドライブを楽しむといったことは、もう何年も無くなっていると思いました・・・。

    それにしてもフォトジェニックと申しますか、北海道の景色にはLCが映えますね。羨ましいです。
    2017年09月17日 08:18
  • まだあ?

    良いですねえ、北海道クルージング!
    私は随分前に、エディマーフィーのセリカGT-FOURや、最終スープラで北海道に、渡りました。いずれも発売直後のため、かなりの注目を浴びましたが、遠目から大声で"だせえ!"と叫ばれたこともありました汗。
    ウインザーは数年間、毎年行っていた時期がありましたが、子供が生まれてからは飛行機に子供連れで乗ることに遠慮して行けていませんから、羨ましいです。ましてや、フェリーにのせて愛車と共に行くのには、仕事の関係上無理なのですが、レポ写真を拝見して、若いキラキラしていた(つもりの)自分を思い出しました苦笑。
    愛車の写真をカタログ風に撮るのが趣味でしたので、北海道は夢のような場所でした!

    わが愛車も1ヶ月半が経ちますが、惰走の後に踏み込むと、一旦エンジンブレーキが、かかってたようにつんのめってから、加速するように感じるのですが、ハイブリッドプログラムの関係でしょうか?また、エンジンが動き出すときの振動が結構な揺れで、最初の頃は、急に走りだすんではないか、とびっくりしたくらいですが、なまっくすさんのお車はいかがですか?
    2017年09月17日 17:04
  • なまっくす

    to 筋肉祭 さん

    た、たしかに中国エリアからは遠いですね。
    当方、大阪在住時に、福井県の鶴賀まで自走してそこから新日本海フェリーで苫小牧までいったこともありますが、ほぼ丸一日かかりますがかなり快適でした!
    長期の休暇が必要ですし、実はかなりコストがかかりますので敷居は高いですが、クルマの素性がよくわかりますので北海道ドライブは本当におすすめです〜
    2017年09月17日 20:04
  • なまっくす

    to まだあ? さん

    セリカGT-FOURにスープラとはまさにスポーツカーですね!
    北海道ドライブにとても似合いますね。
    また美しい風景をバックに、時間があればいろんな写真を取りたくなりますよね。

    さて、急にアクセルを踏み込んだ際にエンジンが「息継ぎ」したようになり、ボディがつんのめる現象ですが、レクサスの大排気量車にある現象と思います。RCFでもLC500でも発生することがあります。ATトランスミッションのギアと踏み込み開度ので相性が合わない時に発生するようですが、発生しないこともあり、私も正直なところ原因はわかりません。(が、おそらくどのクルマでも発生すると思います)
    ちなみに当方のLC500hではまだ発生していませんが、おそらく発生する可能性は高いと思っています。

    またアイドリングストップからの再始動ですが、特に停止時にバッテリーが切れて充電モードに入ったときの振動は結構大きめですが、これでも他車に比べるとずいぶん小さい方だと思います。これは慣れるしかないと思いますが、たしかに第3世代レクサスなのだからもう少しなんとかならなかったのかという思いはあります。
    LS500hではどのようなチューニングになっているのかチェックしてみたいですね。
    2017年09月17日 20:41
  • 通りすがりのファン

    ケンメリの木は、駐車場側から何枚か写真を撮ったのですが「何かポスターと違う」と感じていたのですが、反対側の坂の下から撮った方が雰囲気がありますね。
    富良野・美瑛は何度も訪れていますが、写真を撮ったのは最初だけで、2度目以降はあるうのぱいんというお店でパンを食べて、カンパーナ六花亭というお店で休憩するのが定番になりつつあります。LCのような素敵な車なら、食い気よりも撮り気になるんでしょうけど(笑
    2017年09月18日 04:13
  • なまっくす

    to 通りすがりのファン さん

    ケンとメリーの木は毎回行くのですが、坂の下から見たほうが綺麗なように思います。
    それにしてても、美瑛は美味しいものもたくさんありますよね。確かにパンやオシャレレストランなどいくつもあって毎回迷ってしまいます。
    2017年09月19日 20:26
  • 通りすがりのファン

    今更、こんな以前の記事にコメントをつけるのも如何なものかなぁと思いましたが、最新の車で北海道ドライブを度々楽しんでいらっしゃるなまっくすさんは、今般のふっこう割を利用して、北海道遠征を予定されていないのでしょうか?

    ウインザー等の高級宿もかなり安く宿泊できるようですし、北海道大好きな方々には休みが合えば魅力的ですよね。
    宿泊割、航空券割、レンタカー割は有りますが、マイカー族にはフェリー割無いのが痛いかもですけど、、、
    2018年10月01日 11:42
  • なまっくす

    to 通りすがりのファンさん

    ありがとうございます。
    ふっこう割、狙っていたのですが、どのサイトも瞬殺でしたね〜
    でも個人的に北海道は好きなので、11月にでも行ってみたいと思います。流石にフェリーは難しいですね・・・

    2018年10月02日 22:42