北米でMC後のレクサスISの改良内容がアナウンス!

日本より約1ヶ月先行して、北米仕様の新型ISの商品概要が発表されたようです。
http://pressroom.lexus.com/releases/lexus-restyles-2017-is350-is200-sedan-bolsters-safety-tech.htm

冒頭には以下の3つのトピックスが記載されており、特段走行性能・動力性能に関しては強調されていません。
日本仕様と同様、安全装備の標準化、ナビゲーションシステム&大画面化、インテリアの改善が目玉の模様。

Now Standard: Lexus Safety System+ with Automatic Emergency Braking
New Multimedia System with Available 10.3-in. Screen
Interior Enhancements

最大の販売台数を誇る北米仕様では、日本で主力のハイブリッドモデル、IS300hの設定は引き続き行われていません。
ただし、日本とは違い、IS300(AWD)の設定があります。
また、ボディカラーではCaviar(グラファイトブラックガラスフレーク〈223〉)と Nightfall Mica(ディープブルーマイカ〈8X5〉)が新設定されていることがアナウンスされています。


下記によると北米仕様でもフロントフォグランプは廃止されているようですね。
ホイールは従来から設定されていたメッシュタイプ。(切削光輝タイプに変更)
なお、ヘッドランプは3眼フルLEDタイプは公開されておらず、ウィンカーは電球仕様となっています。

th_16-09-12-lexus-is-2017-200t-11.jpg

F SPORTは、グリルロア部分が漆黒メッキになっているのがわかりますが、上部のメッキ部分もダークに見えますが・・・なお、F SPORTにもやはり、フォグランプは見られません。
なお、グリルメッシュはつやありブラック塗装がされている模様。(exclusive three-dimensional F-mesh pattern, with jet-black metallic coating)

th_16-09-12-lexus-is-2017-fsport-7.jpg


インテリアでは、日本仕様でも新設定された、「シャトー」のものが公開。それに、人気のレーザーカット本杢がくみあわせられています。
なお、新型GSやRXで導入された、メッキ加飾付きのパワーウィンドウスイッチは不採用となっていて、しっかり差別化されています。
インサイドドアハンドルは従来のメッキから、金属調塗装に変更されていますが、この画像ではNX・RC系のものか、新型GSやLXで採用されている、より高品質・高剛性なものかは判断出来ません。
th_16-09-12-lexus-is-2017-200t-6.jpg


助手席側からはカップホルダー部分が変更されているのがよくわかります、RCやNX系のように金属調塗装の加飾がなされただけなのか、以前のニュースリリースにあったように使い勝手が向上しているのか確かめてみたいですね。
しかし、リモートタッチの形状や金属調塗装の台座追加、L-tex貼り&ステッチ入のリモートタッチはとても良い感じです。
th_16-09-12-lexus-is-2017-200t-1.jpg


ナビゲーションシステム周りは、パネル前面にヘアライン処理が入ったことにより質感が向上しているように感じます。
アナログクロックはデザイン変更によりかなりかっこいいですが、時刻合わせがGPS連動式でないのが残念です。
部品単価的にはGPS連動有無であまりコストは違わないと思われますが、GS・RXクラスとはやはり差別化してきますね。

th_16-09-12-lexus-is-2017-200t-18.jpg


リヤビューはリヤディフューザー・マフラー周りが変更されていますが、ブラック部分は表面処理のみの無塗装樹脂でしょうか?しかし、全般的に現行モデルからはずいぶん質感が向上しているように感じます。
また、テールランプですが北米仕様はフルLEDタイプが標準ではないようで、ウィンカー部分は電球タイプのようにみえますね。(日本はフルLEDタイプが標準)
th_16-09-12-lexus-is-2017-fsport-5.jpg

しかし、そろそろ実車を見せてほしいものですねぇ。(今月中は無さそうですね・・・)8

この記事へのコメント

  • ポテトボーイ

    こんばんは

    すみませんカップホルダーは私の勘違いでした(汗)
    やはり画面は大きい方がいいですね!
    この装備であと3年はきついかもしれませんが、なんとか乗り切ってほしいです
    2016年09月15日 01:48
  • michikusa

    安っぽすぎるナビ周りでかなり損をしていたと思いますので、良かったです。

    ただ、自動補正のない時計が端的に象徴しているように、レクサスの差別化って上を引き上げるのではなく、下を下げるような差別化に見えるんですよね…。

    随所にそういうのが見受けられて残念です。
    ディーラーで出されるお茶菓子のクオリティも劇下がりですし…。
    2016年09月15日 17:45
  • なまっくす

    to ポテトボーイさん

    いえいえ、カップホルダーの件、どれぐらいつかいやすくなったのかチェックしたいですね。少しでも深くなったり、固定用のリッドがつくと違うのですが。
    でもあいかわらず助手席用の肘置きのスペースが狭いようで・・・ここをなんとか改善してほしかったです。

    今はホントライバルの進化が速いので3年後はホントきついと思いますね。
    ISは大好きな車種なので市場に受け入れられるといいのですが・・
    2016年09月15日 21:13
  • なまっくす

    to michikusaさん

    ナビゲーションディスプレイはホント突っ込みどころが多かったですよね。
    タイミング悪く、ライバル車がどんどん異型の大型ディスプレイを採用したのも影響したと思いますが、これでようやくスタートラインに・・・

    また、おっしゃるとおり!
    当初は車種によるヒエラルキーはほとんどないということを開発陣がコメントしていましたが、実際はLS・GSクラスに配慮して先進装備導入を見送ったりあえてデグレードしたりということが目立ちますよね。

    ディーラーでの茶菓子サービスについては店舗間で相当な差があるようですが、顧客増加のため当初のクオリティをやむなく下げざるを得ないケースはあるようですね。
    肝心のメンテナンやアフターサービスまで影響しなければいいのですが・・・
    2016年09月15日 21:19
  • Y

    F SPORTの動画を見つけたのでご参照下さい。
    すでにご覧になっていたらすみません。

    個人的には3眼ヘッドランプが見たかったですが。。。

    https://www.youtube.com/watch?v=oxZCiadRprM
    2016年09月16日 19:25
  • なまっくす

    to Y さん

    紹介ありがとうございます。早速拝見させていただきました。
    フロントバンパーやインテリアの造形がわかり参考になりました!
    3眼の点灯具合やウインカーの光り方などみてみたいですよね〜
    2016年09月17日 08:56

この記事へのトラックバック